復活した旅行系ブログ
by mukuinu22

since 2005 3/25
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コミケ行って来たよ
コミケにいった皆さんお疲れ様でした。
あとコスプレ喫茶行かないで帰ってきてスマンね。また今度時間があるとき行きましょう。

それにしても、ひとつの「祭」が終わった後のこの寂しさはなんとも例えがたい。
コミケが終わり、全国から集まった同じ仲間達がまたの再開を誓い、散っていく様をしばらく眺めていたが、あの時のまさにあの場所において彼らと同じ時間を共有できたことへ感謝する。
国際展示場での自分は他の参加者達と共にその時代を象徴する風景の一部となっていたのだと思う。
そして願わくば来年も、そしてその後も自分がその時代と共に歩めるように、その価値観を共に共有できていけたらいいと思う。
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-08-15 00:49 | 日記
今回の新刊の表紙です!
d0011358_20305637.jpg

というのはウソだが(ふたばの東方自作絵祭り用に描いた絵)、明日あたり国際展示場が大変な事になってるんだろうなぁ、。毎度ながら何時に家を出るか考え中、。
最近オタ趣味が一般的になってきてるからコミケも入場者増えてるのかな?
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-08-13 20:39
The battle on a bathroom !
ひさしぶりに風呂場にG(ゴキブリ)が出現した、。
たまに見つけると、恐ろしいので傍観するだけなのだが、ネット上の某所で洗剤に弱いと言う話を聞いたので試してみる事に。

さっそくコンディショナーをお湯で溶いてGにかけてみる。
一回かけるといきなり飛んだ、。かなりびびるが二回目をかける。三回、四回、、
以前水をかけて戦ったときはかなり長い間応戦したのに全然効果がなかったのだが…

なんと今回はものの10秒程度でGの生体反応が消えたようだ!
殺虫剤をあんなに消費しないと倒せなかったあいつがほぼ即死になるとは、。恐るべし洗剤。


d0011358_1313791.jpg


Q 突然思ったんだが、モリモリって普通はどこの家にもあるもんだよね? (A :そのりくつはおかしい
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-08-13 01:34 | 日記
地理オタが選ぶ、夏だから行ってみたいがたぶん一生行かない島ランキング 
夏休みなのに島らしい島には行かなそうなので、普段行きたいと思っている島を選んでみた。
もちろん地理オタなのでハワイだのグアムだの普通の観光地はちょっといただけない。
地理オタだからこそ歴史やらバックグラウンドがある場所、さらに訪問困難でなかなかたどり着けない場所などに興味を示すのだ。(行くかどうかは別にしてね


1位 ブーベ島 (ノルウェー

南極近くにあるノルウェー領の島。(ノルウェーは北極圏の国
島全体が氷と雪に覆われている地球上で最も孤立した小さな島らしい。
無人島のくせになぜか独自ドメインを持っている。
また、アマチュア無線のの世界では昔から10年に一度レベルくらいしか運用がない超レア地域として有名らしい。
今まで日本人で訪れたのは一桁くらいかもしれないが、いつか行ってみたいと思う。
それにしてもどうやって行くのか謎すぎるなぁ。


2位 ピトケアン島 (イギリス

南太平洋の「絶海の孤島」。やはり独自ドメインを持つ。
隣の有人島まで400km、交通手段は三ヶ月に一度の貨物船のみ。
1700年代末期にイギリスの軍艦の反乱事件の首謀者が落ち逃れて来たのがこの島の発端。
ここもどうやって行くのかがわからん。一旦ニュージーランドに行ってから三ヶ月に一度の貨物船を待つのかもしれないけど、島に降りたら次に来る貨物船は三ヵ月後だからなぁ、。


3位 青ヶ島 (東京都

上の二つに比べればかなり現実的だ。なんせ東京都だし。
日本で一番人口の少ない村、小笠原諸島にある絶海の孤島である。
ここへは八丈島から毎日船(還住丸)が出ているのだが、かなり低い就航率で運が悪いと10日以上島に閉じ込められてしまうらしい。ほかにもヘリコプターがあるのだが慢性的な予約満員であり、かなりの気合(+運)がないと訪れることはできない島である、。
ここの島には青ヶ島郵便局と言う郵便局があるのだが、全国的にみてもかなり訪れにくい郵便局なんじゃないだろうか?(皇居の中の宮内庁内郵便局とか除く


4位 端島  (長崎県

いわゆる軍艦島として廃墟マニアには有名な聖地。
自分は廃墟もさることながら炭鉱大好きなので一度は行ってみたい島だ。
現在立ち入り禁止のくせに訪問リポートはたくさんある。
軍艦島の廃墟はやっぱり別格だなぁ。人の生きていた事がわかるその空間はとても美しい、。


5位 渡鹿野島 (三重県

今まで挙げてきた島の中で一番渡りやすい。
別名売春島。東京で言えば吉原、横浜だと曙町とかそんな感じの島。
行きたい理由は軍艦島と同じような感じだが、同じような場所は聞いたことないので日本ではここだけだろう。
アンダーグラウンドな場所が離島にあるってのが素晴らしい。もちろん地理オタ的に訪れてみたい場所。


…ほかにも琵琶湖の中の島とかロシアと中国の国境の島とか色々あるが観光地っぽい島はひとつもないんだよなぁ。ああ、北方領土とか竹島とかもいってみたいか。
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-08-11 23:09 | 地理ネタ
夏だからムシキング
なんかムシキングがはやってるようで街中で関連商品を見つけるのだが(ホッカホカ亭がムシキングキャンペーンってのもなかなかカオスだ)、どうやら「甲虫王者」らしくカブトムシとかクワガタの仲間しか出てこないのでちょっとつまらない。
そこで、虫好きの自分が新しい昆虫王者を考えてみた。


1 オオゲジ(様
d0011358_185668.jpg


一位がいきなりゲジって昆虫じゃないような気もするが気のせいだ。
個人的には身近でかつ強そうなムシと言えば「オオゲジ」しかいないと思う。
我が家はわりと田舎なので部屋にもいろんな虫が登場するのだが、やつがいたときはしばらく家に帰りたくなかったものだ。外見はまさにキングの風貌でしかもとても動きが早い、、あぁ思い出すだけでも恐ろしい、。
でも、やつは実は害のない益虫らしく、なんと「G」(ゴキブリの事ね)を退治してくれると言うことがわかったのでちょっと評価アップ。共存は難しいが見つけても退治するのはやめておこう。

2 世界三大奇虫

ビネガロン サソリモドキ。日本にも八丈島にいるんだって。すっぱい臭いを出すらしい。
d0011358_123865.jpg

ヒヨケムシ 砂漠にいる。 クモっぽいが寿命は短いらしい。
d0011358_1235339.jpg

ウデムシ 名前のとおり腕がでかい。日本にはいないらしい。
d0011358_1233144.jpg


イメージ検索してくれればわかると思うがかなりグロい。
極地に生きてるくさいので気候が合わないと弱いかもしれないけど世界三大「奇虫」だしなぁ。
とりあえず日本で普通に出会うことはないだろうが。
っていうか足が八本あったり腕があったりムシかどうか微妙だよなぁ。クモみたいだし。

3 ハリガネムシ
d0011358_193026.jpg


これも虫かどうか謎。ひたすらキモイ。興味を持っても検索しない方がいいです、。

4 カゲロウ
d0011358_1134520.jpg


成虫の寿命が数時間と言う説もある。儚さならNo1だな。

5 シミ
d0011358_1242839.jpg


紙魚と書くらしい。家の中に普通にいる害虫。
しかし、こいつは気持ち悪い外見をしてるわ紙を食うわ服を食うわ動きは早いわつぶすとなんか湿ってるわで、文句なしに迷惑キングだ。

と、色々書いてみたんだが、わりとメジャーな感じになっちゃったかな。
とりあえずムシキングをやってる少年少女がこれらの虫を好きになる確率はかなり低いと思われる。なんかの拍子で企業が(バンダイだっけ?)商品化しないかなぁ。紙魚とかカードになったらものすごい嫌なんだが。あたったらその場でで捨てるね。たぶん。
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-08-09 01:26 | 地理ネタ
夏なのでいっそ廃墟にでも行こうか。(近所のね
今日は地理趣味とかの話。

基本的に地理趣味と言っても誰にも理解されないのだが、その世界はかなり広大で、鉄道乗りつぶしだとか郵便局訪問だとかさまざまな分野を総合して自分は地理趣味と呼んでいる。
まぁ、鉄道趣味とかはメジャーな分野なのだろうが、最近は「レア道路標識の世界」とか「珍名バス停の世界」など、どんどん興味の方向がマイノリティに向かって行っている、。
特に珍名バス停の世界などは、「なぜその地名なのかの由来についての考察+バス会社について+その地域の交通特性と運行状況」など、様々なネタが複合しているので普通の人にはおおよそわからない世界だと思うが非常に楽しい世界である。

地理オタの日常は非常に忙しくかつ楽しいものだ。乗ってる電車の種類とか会社で楽しむ(鉄道オタ)、誰も気づかないような交通標識を発見して狂喜したり、交通信号を見ただけでメーカーと地域の関係とか時代背景を考察して楽しむ(標識・信号オタ)。自治体や住所表記で合併の歴史を感じたり、家の形状に地域特性を見つけたり。
とにかくなんでもないことを楽しむことが出来るので地理趣味を持つことはお薦めだ。(過ぎるとキモがられるけど。)

そんな地理趣味の中でもこの夏の時期に人気なのが廃線めぐりとか廃墟探訪とかだと思う。
廃線訪問はローカル線訪問と同じように、「栄枯盛衰や寂しさを味わう感覚」なのでわからない事もないが、廃墟探訪はこの時期特有の恐怖体験肝試しな感じの方向へ話が進んでいくと思う。


で、いきなり廃墟の話になるのだが、なぜこんな話をするかのと言うと、実は先日「神奈川にある廃墟」についの内容のウェブサイトをみていたところ、我が家から直線距離で500mくらいしか離れていない所にある今は使われていない学校の分校が廃墟物件として扱われていたのだ。
もちろんそれ系の紹介記事にありがちな「過ぎ去っていった昭和の時間が今もなお粛々と流れている。」みたいな文章と共にである。

別に建物のグラウンドは今も老人がゲートボールしてるし、祭りのときにも使うのでほとんど廃墟ではなく現役物件なのだが、そのページをみただけでは、神奈川某所にある学校の廃墟で今は誰も訪れる者はなく、当時の思い出だけが残っているのだ。のような感想をいだいてしまうだろう。
もちろん、この建物があるグラウンドで自分は子供の頃から遊んでいたものだし、廃墟風になった現在もあまりにも日常的過ぎて個人的には何の感情も抱かない。
おそらくほかの物件として紹介されている建物たちも現地の人間にとってはあまりにも日常過ぎて、どんな紹介文を書かれても違和感があるだけで別に特別な感情は抱かないのだろう。
物件に関係ある人間にとっては、ただ淡々と時間が過ぎていったという記憶があるだけである。

過ぎ去った時代が今もなお存在しているような場所は自分は好きである。
特に炭鉱跡、廃線跡など時代背景が読み取れる物件、筑豊までボタ山を見に行った事もある。
これらの古い時代を感じさせる物件はいつかは無くなるのが必然であり、だからこそ出来るだけ長く存在する事が出来るように、廃墟趣味なら廃墟趣味なりの態度で、そっと見守って行きたいものである。

しかし廃墟には心霊話、恐怖体験がつきものである。
周囲の人間がその物件の特異さ故、それらしきストーリーを期待する。それは、かつての主を勝手に自殺したことにしたり、大量殺人で集団離村やら勝手に話がついてしまう。
丁寧に由来を調べ歴史背景を考えれば大した来ない話なのだろうが、勝手に心霊スポットとして紹介され荒されるのはとても残念だ。(まぁ、病院とかは怖くてしょうがないか
昔、八王子の某所に夕方~夜の間の絶妙の時間帯に訪れたことがあるのだが、そこは古い城跡で暗い山道の途中に突然に地蔵が現れるような場所だった。
そのときは全然気づかなかったのだが、後で「ものすごい心霊スポット」のように紹介されていて驚いた。その場所が心霊スポットと知らない人間にとってはただの暗い道である。しかし、そこが恐怖の場所という知識を得た時点で認識が変わってしまう。

結論としては、おばけも出ないし別に廃墟なんて怖くないから。だからヤンキーはこないでくれ、。(幽霊より人間の方が全然怖い)

d0011358_1525139.jpg

これが本物の横浜某所にある心霊スポットだ。

、、もちろんウソです泉区の街角にあるただの庚申塚。
村や辻の境界で村を守っている民間信仰の神様なので別に恐怖でもなんでもない。
でも知らないと墓か何かと勘違いしてもおかしくないか。
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-07-28 02:01 | 地理ネタ
保管庫のこととか
特に掲示板作るほどまめに更新するサイトでもないし
せっかくブログ持ってるんだから有効活用しようと思います。

立体化保管庫の方でなんかありましたらこの記事にコメントくれるとうれしいです!
もちろん批判・要望・苦情でもいいですけど、「何使ってるの?」とか何でもOKです。


あとmixi見れる人なら↓あしあと帳にでもコメントくれるとうれしいです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=101396072&owner_id=658983
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-07-18 02:59 | コメント大好き
その続き
d0011358_22531062.jpg
作ってたのが完成。
かみねんどだから出来ないとか言い訳するんじゃなくて出来るだけ普通の粘土の作品に近づけたつもり。
なんか気合を入れればいくらでも出来るような気がしてきたぞ。
うさみみと五つの難題はオプションで取り外し可能。
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-07-10 02:24
また造形な話
下のてるよ(東方永夜抄の「蓬莱山輝夜」)を立体化。
なんか自分が描いた絵を後で立体化するのって変な感じだなぁ。
小説化が自分の考えたたキャラを絵にしてもらうような感じ?
まぁこの場合は自作じゃなくて二次創作なわけだが、。

d0011358_1352611.jpg

やっぱりかみねんどは乾くの速いからいいなぁ。
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-07-06 01:37
skypeの弱点発見
ラトビア人の青年に続いてモロッコの学生もチャット友達になった。

衝撃的な事実だがモロッコではskypeがはやってるらしい。日本じゃそんなにやってる人間がいないと思うんだが、日本の得意分野でモロッコに遅れをとるとは思ってもみなかったぞ、。

それにしても、ラトビア人の青年とかモロッコの学生とか話しかけてくるのが寝る直前の時間だ。
彼らの国と日本の時差があるからしょうがないのだが、ラトビアは6時間。モロッコは9時間も時差があるので、夜遅くまで起きてないと彼らとはチャットできないのだ。
別に韓国(日本とは時差ないって言ってた)とかアジアならそんなに問題はないんだけど,日本と正反対の時差の国なんかは、ほとんど生活時間帯が合わないのでよっぽどのことがないと話ができないということになると思う。だからこそ日本人なのに朝4時近くまで起きてる自分のような人間じゃなりとモロッコ人とはちょっとすることが難しいのである。

でもこれって根本的な解決法なんてないよなぁ。
もっとも、それほどモロッコ人と緊急に話すような事態も少ないとは思うけどねw
[PR]
# by mukuinu22 | 2005-06-28 03:27 | 日記