復活した旅行系ブログ
by mukuinu22

since 2005 3/25
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2005年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
食玩で素敵空間
最近の自分のパソコンの前にある食玩。
誰が買うのか謎のフィギアなんかも専門の店(ハードオフとか)で入手すれば格安でいい感じだ。

1つめ
d0011358_13215336.jpg

黒澤監督なのだが妹からは「たもさん」にしか見えないと言われた。
サングラスかければたもさんか千春かサンプラザだよな。普通は。
それにしてもいい出来なので最近無駄に量産気味の「萌え系」商品なんかは見習って欲しい所だ。



2つめ

d0011358_13223259.jpg

救急隊員?
60円くらいで入手したんだけど何の商品かは不明。
コレを欲しがる人がいるのかは謎だ。


d0011358_1324105.jpg
中央線八王子~西八王子間にて踏切事故発生!
救急隊員は直ちに現場に急行せよ!

みたいな場面を組み合わせて作るのが主な遊び方なんじゃないんだろうか?
と思ったが、不謹慎な場面に遊び方も何もあったもんじゃないしやはり存在理由は謎。

…あれ?でもなんか同縮尺の救急車も欲しくなって来たぞ。
しまった、また変な食玩が増えてしまうw
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-23 13:34 | 立体
病院の給水塔
d0011358_20131631.jpg

秦野の国立病院にある給水塔の古い写真。


実際この給水塔は現存するけど、今日の朝撮った写真は↓のような感じ。
d0011358_2016268.jpg

というわけで上の写真は単に色調補正して古い写真に見せかけただけ。
初めて見た時、自分には加工後の写真のように見えた。
これは極端な例だけど上の写真と下の写真じゃ訴えかける力が違うとは、思う。

しかし、病院の中に入って普通にきれいな院内と明るい看護婦+患者さん達を見た後だと加工前の風景になっていた。
思うに、最初に変な偏見を持っていたので暗く無機質に見えたんだと思う。

古い病院というどちらかといえばネガティブな偏見の上で現れた古い給水塔。
それが、実際に入院している人や職員の人を見た後ではそこから連続した現実の風景の一部になったんだろう。
古い給水塔は確かに無機質で特異かもしれないけど、結局は現実の一部なんだし人と繋がってるんだなぁということを感じた。
ちゃんとした視点で見れば、この建築物もなかなかいい感じのやつだなぁと思えた。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-20 20:45 | 神奈川とか
街角で気になるもの&自己解決

d0011358_181090.jpg


水道橋近辺で発見した謎の物体。バス停のようで実はバス停ではない。
よく見ると街の地名や案内、地図が書かれている広告塔みたいなものらしい。
設置した人もバス停と間違われると思ったのか「ここはバス停ではありません」と丁寧に書いてある。
さらに下のほうには「車に注意」の文字もあっていかにも公共物っぽい。
設置された年代は不明だけど、昭和であることは確かだろうと思う。

いつからかこういったユーモアのある物は街角から消えていくようになってしまったんじゃないだろうか。
誰からも気づかれずに街の片隅で風景と同化して未だに現役のこの看板はとても素敵だと思った。
水道橋~神保町近辺は古い建物や街並みがまだ残ってるからこの看板も違和感無いんだろうなぁ。



d0011358_1123855.jpg


図書館で借りた本「The建機」。
誰が読むんだコレ?子供向けにしては実録建機操縦許可書取得記とかあるし、。
といいつつも、読み進むと非常に面白い。建機の奥深い世界が広がっている、。
また変な世界に足を踏み入れてしまったのかw

で、何のために借りたかというと
d0011358_1203940.jpg

コレ。
前に家の前の工事で使われてた建機が何をしてたのかが気になってたので調べてみたのだ。
あの機械はロードカッタという乗り物で、道路工事を行う前に舗装された道路の舗装をカッタではがすような働きをしてたらしい。
砂を吐いているように見えたのは剥した舗装をトラックに向かって送っていた場面だったのだ。
んん。またひとつ賢くなったなぁ。(一生使わなさそうな知識だ、。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-20 01:21 | 日記
地味にローカル成田線
意味も無く大回り乗車で千葉に行ってきた。
でも「千葉へ行った」って人に言っても何にも感想が無い。千葉。
千葉県民以外の人なら「王国に行って来た話」以外はあんまり興味ないんだろうなぁ。
もちろん埼玉行ったって言っても神奈川でも似たような感じだろうとは思うけど。

d0011358_17222481.jpg
千葉駅の上空を走るモノレールに書かれた。「東京情報大学 千葉市若葉区」の文字!
若葉区なんだから千葉情報大学でもいいと思うんだが、。やっぱイメージか。
いや、千葉という名前に誇りを持ったほうがいいと思うぞ。東京近郊の県はこういうの多いけどね。
千葉県袖ヶ浦市の東京ドイツ村なんて何が何だかさっぱり。


d0011358_17225952.jpg
千葉駅のホームに停まる総武本線銚子行。
黄色い行先表示がたまらん。
銚子は電車でいける関東最果ての地、まさに終着駅へって感じ。


d0011358_17232096.jpg
しかも八日市場回り。
八日市場回りって書かれてもそれが例外ルートなのか普通のルートなのか、。
地元の人以外にはほとんど効力の無い表示だなぁ。(だがそれがいい


d0011358_17233931.jpg
成田線に乗車。千葉駅から先はすぐに田園風景。
千葉っぽい車窓は何?って聞かれたら総武本線とか成田線の田園風景しか浮かんでこない。たんぼたんぼたんぼ。
でも、稲穂じゃなくて黄色い花が大量に咲いていた。
なんか帰化植物で花粉を大量に出す花だったような気がする、。
↑うろ覚え


d0011358_1546209.jpg

成田駅では提灯が寺の街であることを力強く主張している。
ここで成田線(空港行)から成田線(我孫子行)に乗り換え。
成田線は千葉から空港方面に行く路線と成田から我孫子に行く路線がある。
我孫子に行く路線はどっちかというと支線みたいな感じで沿線は大きな街も観光地もない、かなり地味な路線だ。
また微妙な難読駅が並んでいるのがいい感じ。
下総松崎(しもうさまんざき)、安食(あじき)、木下(きおろし) など。


d0011358_1724120.jpg

沿線では印旛沼が車窓に少しだけに出てくる。(少しだけってところがまた
電車から見える沼は太陽が出てたので水面が日差しでキラキラと光っていい感じだった。
でも沼だから水が茶色で汚いイメージだ。湖面じゃなくて沼面だし。
まぁ、きれいな沼もあるんだろうけど。

(あとで辞書で調べたら湖より比較的水深が浅いのを沼というらしい。
湖より汚いイメージになるのはしょうがないってことか。


d0011358_17241858.jpg

湖北駅のベンチは限りなく高い。
高さ何センチあるんだこれ?そもそもベンチなのか?謎は深まる、。
でも座ってた人いたしなぁ。

それにしても成田線は各駅のホームにある名所案内が印旛沼ばっかだった。
駅が沼から遠ざかるにつれて

印旛沼 南 1.5キロ 
印旛沼 南 4キロ
印旛沼 南 6キロ

みたいな感じで各駅の名所案内の距離も伸びていく、。
やはり沼しかないのか、地味な方の成田線、。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-16 15:14 | 地理ネタ
ポスト
d0011358_2218515.jpg

品川駅構内で発見したポスト。
今までいろんなポストを見てきたけど一番いい感じかもしれない。
郵便好き+鉄道好きの合わせ技。

d0011358_22291081.jpg

まぁ適所にある丸型ポストも好きだけどね。
↑は鎌倉の頼朝の墓の近くの丸型ポスト。木漏れ日がステキ。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-13 22:24 | 日記
TYO
部屋の掃除中に見つかったJRの駅にあるチラシ。
長野のJR岡谷駅(中央本線)にて2002年に貰った物。
d0011358_2184879.jpg

なんていうかTYOって表現が80年代風でステキじゃないか!
長野では今でも東京は「トレンディ都市T・Y・O」なんだろうか?と思ったが、宮城でも似たようなチラシを見た記憶があるのでJR東日本独自の表現なのかもしれない、、。
もっとも、ちょっと古めのこの表現も今じゃ時代が一回りしてちょっとかっこいい表現になってるかも。
他にJRには似た広告があるのか検索してみると、TYOってのは東京行きの商品の種類でJR新潟支社ではTYOビュー・スイカカードなんてのもあるらしい。 (ちょっと欲しいなぁ。
しかも、なんと横浜行きのYOkなんていう商品もあることが発覚。神奈川県民なのにYOKなんて言う呼び方は初めて聞いたぞ。
YOKって、そんなに横浜はかっこいいんだろうか、、。まぁ、少なくとも瀬谷区とか泉区はYOKじゃないな。多分。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-11 02:32 | 地理ネタ
つくばエキスプレス
秋葉原からつくばエキスプレスに乗ってつくばまで行って来た。
車窓の風景は都市部は地下鉄で郊外に出ると駅前が開発中の駅が多く、大きな川を何回も渡るのが印象的だった。
乗る前は茨城まで行くということで、つくばに近づくと沿線が総武本線の千葉から先みたいに田んぼがひたすら広がってるような感じじゃないかと思ってたが、利根川を渡り茨城に入るまではわりと発展している風景が続いて、茨城に入ってからつくばまではいかにも「茨城」な感じの田園風景の中に大きめの農家が散在するような風景が見れた。
終点つくばあたりでは遠くに筑波山が見えたり、さすがに新線とはいえ遠くまで来たなぁ、。といった感情を味わうことが出来た。ここまでくるとローカル風情まであと一歩といった感じだ。

それにしても、造成中の田んぼの中の新興住宅地に「田園都市○○台」とか看板が掲げてあるのが、新鮮だったなぁ。
神奈川の田園都市線は田んぼがほとんど無いウソ田園都市だから。
(あっても田名駅のあたりにあるくらい?



○つくばエキスプレス気になった物


3位  つくば駅のホーム自販機でで売ってた謎の「ティーソーダ」。

d0011358_23393846.jpg

ティーソーダ?聞いたこと無いな。新製品か?
というかネスレの自販機なんかはじめて見たぞ。
d0011358_23391234.jpg


パッションフルーツ&マンゴーフレーバーでほんのりと紅茶味。
ウキウキ楽しいティーソーダです。

???


で味の方は、ひとくち飲むとビールのような味?
思わずアルコール表示を探してしまったがもちろんない。
それでいてほんのり甘いので、後味が甘いノンアルコールビールのような味といえばわかりやすいかな?(わかんないですね
少なくとも一般大衆に向けて作られてない玄人向けの味であることは確かだ。すごいぞネスレ。
神奈川だと見ないけど茨城だと普通に売ってるのかなぁ。




2位  伊左衛門新田

終点つくばに近いみどりの駅周辺の地図

みどりの駅の住所は茨城県つくば市花島新田みたいなので駅の名前も花島新田にすれば京急大師線小島新田駅みたいでいい感じだと思う。
もしくはすぐ近くにある地名から、 「伊左衛門新田駅」 にすれば地理趣味の変な人たちが喜ぶと思うのだが。

「都心から45分、ここは田園都市みどりの。伊左衛門新田からはじまる新しいストーリー」
みたいな新興住宅地のチラシ見てみたいなぁw



2位  カオスわんわんランド

つくばエキスプレスの紹介の冊子に載ってたテーマパーク?「わんわんランド」の写真。
公式サイト
d0011358_044217.jpg


なんか左上の建造物から激しく危険な香りがw
なんだこれ?犬?トロイの木馬?
かなりカオスな雰囲気が立ち込める謎の建造物、公式サイトによると、

巨大犬のモニュメント
もっくん
高さ11m。世界最大級の木造犬の展望台。「わんわんランド」のシンボルです。

らしい。
世界最大級の木造犬の展望台って、世界には似たような大きさの木造犬の展望台なんて絶対無いから自信を持って世界一って言っていいと思うよわんわんランドの人。
とりあえず脳内には、消えていったB級スポットや第三セクターの企画倒れ遊園地の像が浮かんだ。
わんわんランドが崩壊(倒産)して行き場の無くなった犬たちが、もっくんの周りで野生の犬王国を作るような感じだったらステキかもしれないw
(関係者の人ゴメンナサイ。なんかどこかの町長が議会の認証なしにテーマパーク「イヌバーサルスタジオ」を作ろうとして挫折、犬たちが行き場も無く大繁殖して野生化してるって話を思い出したのでw
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-09 00:29 | 地理ネタ
道路工事
今日から家の前の道路で夜間道路工事が始まった。
その道路に面した自分の部屋(2階)は地形の関係で3階かそれ以上相当の高さがあるので、窓の外の10人以上の働くおじさんたちが舗装をしているのが非常によく見える感じなのだ。

で、騒音を立てて深夜までの道路工事が迷惑だなぁ。
という話じゃなくて、普段見かけない重機が窓の外で働いているのを特等席である自分の部屋から眺めることが出来て個人的には好きな時間。

もともと深夜の道路に点滅するライトが大好きだ。
人が寝静まり、通る歩行者もいないのに律儀に変わる信号機や、点滅する店の看板。
車が少なくなった深夜の工事現場に爛々と輝く照明が、誘導灯が、夜に満たされていく時間を演出しくれる。
そんな感じで夜を感じることが出来る道路工事が、家の目の前で見れるのだがらかなり貴重だ。

d0011358_1203350.jpg

↑のような特殊車両が窓の外で活躍中。
メカニカルでかっこいいぜ。タミヤから1/35で出てたら即買だな。
この車両はよく深夜の道路工事現場でみるけど、なんの作業中なのかがぜんぜんわからない。
少なくとも「はたらくくるま」の歌では紹介されてないと思うが、。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-10-07 01:19 | 日記