復活した旅行系ブログ
by mukuinu22

since 2005 3/25
<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
田園都市線イメージの旅
いきなりだが田園都市線の「あざみ野駅」が好きだ。

もともと田園都市線を知らなかった頃は地図を見て、田園都市という名前のイメージ、あざみ野という駅の名前から、田園都市の中に一面のアザミの花が広がっている原っぱ想像していた。

しかし後に訪れてみると他の後から開発された駅と同様に「あざみ」なんて駅の名前だけで、アザミの花は見当たらず、周辺は完全に住宅地化されていて、もちろん田園の広がる都市では無いことを知った。
(実際は我が家の前の土手の方があざみが大量に生えている、。

それでも、なぜか惹かれる様になって意味も無いのに何度も訪れてみたりした。
田園都市線はほかの駅も「つきみ野」や「たまプラーザ」など沿線の自治体の名前とはかけ離れた無個性で明らかにイメージだけの駅が多くある。
山を切り開いて新しく作られた路線だからこそ、そんな感じの名前の駅で開発していけたんだとは思うが、自分もそのイメージの魔力に惹かれてしまったようだ。おのれ東急。

なので、自分が田園都市線に乗る時には、電車はイメージの中の「田園都市」を進んでいく。
そこは大和市でも町田市でも、横浜市でもない。

沿線に延々と広がる住宅地はどこまで行っても似たような風景で、駅の作りも似たような感じだ。
けれど、それこそが田園都市の風景なんだろうなぁ、と思ったりする。

そしてあざみ野駅は今でも、まだ訪れたことが無かった頃の「あざみ野」のイメージのままだ。
d0011358_232360.jpg

あざみの駅の近くの丘からの夕暮れ。どこまでも住宅地は続いている。
田園都市には家に帰る人が乗った電車と夕暮れが似合うと思う。
d0011358_2304354.jpg

あざみの駅近くの大鉄柱。駅の前の坂を江田駅方面に行くとすぐにある。
何でこんなに大きいのかはよく分からないけど好きな場所。
鉄道にかかる橋の上からの眺めはなぜか切なくなる風景。もちろん夜景も捨てがたい。
日暮れの早い冬が空気が澄んでて遠くまで見渡せていいかも。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-22 23:18 | 地理ネタ
ギリギリ
d0011358_5153618.jpg

今日が15夜だということを忘れていたが、山に沈む前にギリギリ見ることができた。
写真に撮るとなんだかよく分からないけど素晴らしく丸かった。(満月だから当然か
ていうか、俺は何時まで起きてるんだ?
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-19 05:18 | 日記
秋葉のヨドバシ
秋葉原に新しく出来たヨドバシがいい感じだと聞いたので行って来た。
当然のごとくかなりの人ごみだった。
それにしても新規開店とはいえ、そんなにみんな買うものがあるのだろうか、。
もちろん自分は家電製品にはほとんど興味が無いので、目指したのは6階「おもちゃフロア」。
おもちゃフロア目指している人間が家電製品フロアの客を笑うのもどうかと思うが、とりあえず到着したのであたりを見てみる。
このフロアはさまざまな趣味の(秋葉原にいる)人が欲しがるような物が充実していた。
棚に普通にガレージキットとか並んでるのがすごい。普通は買っても塗れないよなぁ、。
さらに自分が求めていた軍事関連立体のコーナーがものすごい充実していたのが驚きだった。
特に艦船模型はおそらく量販店では関東一なんじゃないだろうか?
少なくとも専門的な商品じゃなければほとんどそろってたんじゃないだろうかと思った。
無いものは神保町のオリオンモデルで買えばいいだろうし。
とりあえず、学校からの帰り道にあるので手軽に寄れる店として通うことになるかもしれない、。


d0011358_343813.jpg

画像は今回買ったハセガワの帝国海軍航空母艦「加賀」。
って、明らかに新装開店の秋葉原ヨドバシで買わなくてもいい物だ、。
ネット上で評判を見ると古くてダメだとか改造するのが前提とか、なかなかいい評価なので頑張りがいがありそうだ。
(完成まで何時間かかるんだろ?

気づけば前回買ったのがフジミの米軍空母「レキシントンⅠ」で、その前がタミヤの航空巡洋艦「最上」だった。
なぜか空母ばっか買ってるな自分。

それにしても新規開店ノリでみんな無茶な買い方をしてるようだった。
一緒にレジに並んでたお兄さんが「大和」「武蔵」「日向」「扶桑」を一度に買うのが見えた。明らかに積むことになるぞそれ。
あと、デコトラとパトカーのプラモを買ってたおじさん、それでどんなジオラマを作るつもりだw
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-18 03:27 | 日記
日向薬師と大山
前回の寺を巡るの続き。なかなか地味な企画だ。

秦野方面から厚木方面に246で抜ける時によく目にする大山(阿夫利神社)、日向薬師の看板。
普段からなかなか気になってはいたのだが、行く気にならないとなかなか行きづらい場所だったので今まで行けずにいた。
今回、ちょうど近くによる機会があったので二つの寺を訪れることにした。
二つの寺はわりと近いので、車なら30分以内で移動可能だ。

d0011358_057377.jpg

国道246号線から分かれ道(という場所がある)方面に走ると案内看板があるので左折する。
しばらく走るとこんな感じの看板が出てくる。観光地に来たみたいでなかなかいい感じ。
ちなみに同じ看板は七沢温泉と大山にもあったので伊勢原市標準看板だ。

d0011358_143692.jpg

日向神社は山の上にあるので車を止めて登ることになる。このあたりは彼岸花の自生地らしく、自分が訪れたときには臨時駐車場が設けられていた。
写真は周辺の風景。稲穂が実って秋色風景が近づいてる感じか、。

d0011358_111696.jpg

肝心の彼岸花はまだあまり咲いてない様子。だが、写真を撮っているおじさんとかも多かった。
この時点でかなり雨が降ってきたのだが、次に訪れる機会があるのは何年後かわからないので気合を入れて歩く。
(いや、行こうと思えばいつでも来れそうだけど、)

d0011358_1142713.jpg

15分くらい上り道を進むと日向薬師に着いた。日本三大薬師のひとつだって。
この寺は文化財やら天然記念物やらとにかく指定されている物が多い。

d0011358_1314685.jpg

が、一番感動したのは本堂の屋根から伸びている雑草。自然っていいなぁ。
なかなか雰囲気のある場所だったが、下に降りて来た時点で今まで歩いてきた道が裏参道だったことが発覚した。
表参道には有名な山門があったりするらしいのだが、すでに下まで来てしまった自分には再び登る気力は無かった、。
(また来るか…。

d0011358_132552.jpg

車にて大山に移動する。ここは温泉地でもあるのでなかなか人が多い。
と思ったのだが、雨の日の平日には宿泊客はおろか観光客すらいない状況。
駐車場に車を止めて大山ケーブルの駅を目指すが、途中にある参道の店はほとんどシャッターが閉まっている状況だ。
平日とはいえまだ午後2時半くらいなんだがそんなに人が来ないのだろうか、。
(実際すれ違った観光客は数人だけだったけど。

d0011358_1324430.jpg

しばらく歩くと大山ケーブルの駅に到着。

…運休中?

天気悪いから?と思ったら点検だ。しかも明日までか!またもや運が悪い…。
そりゃ観光客なんていないよなぁ。
ケーブルが止まってるんじゃ、かなり雨降ってるのに上まで登山しなくちゃいけないし。
上までは普通に登ると40分くらいかかるらしい。40分か、。

d0011358_1383994.jpg

結局、「次に来るのは何年後理論」が働いて自力で登ることにした。
もちろんこんな日に山道を登ってる人はほとんどいなかった。
しかもたまにすれ違う人はちょっとした登山な格好をしていて、自分みたいにビニール傘をさしながら登ってるのはまったくいなかった、。

登ったのは女坂。きつい男坂もあるがそんな気力は当然無い。
女坂には七不思議があるらしく途中の看板が教えてくれた。
写真は「爪切り地蔵」で、弘法大師が道具を使わず一晩で作り上げたらしい。
怒李庵海王もびっくりだなぁ。

d0011358_150069.jpg

登り道は続く。だんだん何で自分が雨の中登り続けてるのか判らなくなって来た、。
ああ、これが自分を問い直す修行なのかも知れない、。(違

d0011358_152428.jpg

かなり疲れた時、終点らしき雰囲気になってきた。やっと到着か、。

d0011358_154167.jpg

阿夫利神社下社に到着。
この阿夫利神社は雨降り神社が元らしいが、今日も雨が降っているのでこれが普通なのかもしれない。

d0011358_20161.jpg

この神社は下社ということで、山頂には本社があるのだが、さすがに時間が遅いのと雨が降ってるので今回は見送ることにした、。
ていうか、ここまで登るんじゃ山登りスタイルでこなくちゃだめだな。


この2箇所に訪問できたことで神奈川西の有名な寺社は制覇したような気がする、。
が、神奈川の東には鎌倉という強豪がいるのでそれはそれで訪問し甲斐がありそうだ、。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-18 02:08 | 地理ネタ
寺! 寺! 寺!  ~神奈川の有名寺を巡る~
最近、寺や神社をよく訪問している。
理由としては別に人生に行き詰ったからではなくて、「地理好きとして神奈川在住なんだから有名な寺社くらい行ったこと無いとやばいだろう。」というただの自己満足。
とは言っても観光地化している有名な場所(川崎大師、寒川神社ほか)はほとんど行ったことがあるので今回行って来た寺社はそれほど観光地化されてないか訪問がめんどくさい場所にあるか、と言った感じだった。


まず最初に訪れたのは曹洞宗の総本山である總持寺。
場所は鶴見駅から歩いてすぐの所にあるが、観光地ではないので今まで訪問したことはなかった。
だがこの寺、さすが総本山と言うこともあって自分が知る限り神奈川でも最大規模の大きさを誇っていた。
d0011358_058564.jpg

鶴見駅から歩いてすぐに着く總持寺の参道。鶴見大学が横にある。
せっかく近くに来たんだから鶴見大学の学食にでも行ってみようかと思ったら、思いっきり歯科治療道具が窓にうつった。
ここは歯科病院で別の校舎?それとも歯学部の実習中?
とりあえず虫歯者の自分は食欲を失ったのだった、。
d0011358_123041.jpg

しばらく歩くと門が現れるのだが、これがひたすら大きい。
写真は二つ目の門だが、かなりの大きさである。
さすが総本山、四階~五階建て並みの大きさの建物が何箇所もあった。
d0011358_144453.jpg

おそらく本堂。だが大きすぎて気軽に近づける雰囲気ではなかった。
これは五円玉を入れて鐘をふるレベルの建物じゃない…。
d0011358_192870.jpg

しかし、何より感動したのはこのオリジナル標識、
高さ制限:参、八米。  「さんてんはちこめ」である。
さすが総本山、こんな細かい所にまで配慮してるんだなぁ。
↑なんか感動する所が変だなw
d0011358_111467.jpg

そして、寺を出たあと先日の鶴見線へとつながるわけだが、国道駅へ歩いていく途中には神奈川最凶の踏切がある。
なんかの調査だとラッシュ時には1時間のうち55分以上閉まってたとか聞いた。
写真は運良く開いた時に踏み切りの真ん中から鶴見駅方面を写したもの。考えようによれば貴重な写真か?
このときも踏切が開いてから30秒も立たないうちにまた、踏切が鳴り出したのだった、。
d0011358_1362848.jpg

総持寺で入手した曹洞宗の雑誌「禅の友」。
通称ゼントモ、かどうかは謎だが特集は「両租さま」。
通算673号目というのも驚き(創刊56年で672冊)だが、投稿している人の平均年齢も70代近くて驚いた。
内容は禅の世界についてや法話、人生訓などだったが、普通に読んでも面白く、みんながこういった精神世界を豊かにするような本を普段から読んでいれば、心霊がどうのこうのだとか祟りがうんたらとか変な話しなくなるのになぁ。と思った。
なんかゼミで宗教研究みたいなことやってたりするので変な方向にも興味がいってしまう、。
(自分は無宗教だけどね
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-16 01:36 | 地理ネタ
海芝浦に行ってきた
数年ぶりに鶴見線に乗車した。
鶴見線沿線は工業地帯で乗る気にならないと一生乗らないかもしれない路線なのだが、個人的には結構好きな路線だ。

d0011358_255533.jpg

鶴見から一つ目の国道駅。目の前を国道15号線が走る。


d0011358_2205947.jpg

ノスタルジックやらアンダーグラウンドやらレトロやら言われ割と人気な駅。
駅の中に家があるのだが、ほとんど廃墟と見分けがつかない家も散見される。
なんか駅に住んでるっていい感じだなぁ。


d0011358_22242059.jpg


しばらく走ると電車は海芝浦駅に到着した。

そして、ゆっくりとドアが開くと目の前はすでに海だった。

大きな橋が波の向こうに見える。

ここは日本一海に近い駅の一つらしい。


d0011358_22254852.jpg

と、書いてみたものの海というか運河のような気もしないでもないし、京浜工業地帯の真っ只中なので水は汚くてかなり臭い。
周辺に響き渡る音は工場地帯の金属音で化学薬品の臭いも漂ってくる。
写真では伝わらないけど長居するような環境じゃない感じ。
海が近いっていっても青海川とか下灘の方が全然いいよなぁ。


d0011358_2243577.jpg

パノラマで撮影。クリックで拡大。
海は臭いが景色は素晴らしい…、いや、工業地帯の風景大好きなもんで。
180度にわたる臨海工業地帯の風景が見れる駅はここだけだろう。
この駅から見えてる橋は鶴見つばさ橋。
ベイブリッジのちょっと先にある橋で兄弟みたいなもんですね。


d0011358_3191954.jpg

ちなみにこの駅、改札から出られない駅としても有名。
駅の外は東芝の敷地なので関係者以外は駅から出られないのだ。
ホームの先は写真のようになっていて自分以外のの乗客は全員工場の中へ吸い込まれていった。


d0011358_22373151.jpg

帰りはちょっと戻って大川支線の大川駅から乗車。
朝8時台の電車の次が16時台と8時間も間が開く乗りにくい路線だ。


d0011358_2595732.jpg

駅にやってる来る電車を待つ人々はおそらく近隣の工場の通勤客。
8時間ぶりにやってくる電車にときめいているのは自分だけだろう、。
電車なんて無くてもタクシーとかバスが多い場所なので不便ならあえて電車を使わないのかも。

個人的にはこの路線を乗車したことにより神奈川県内JRのりつぶし完了。
加えて神奈川県内の全鉄道の乗りつぶし完了かと思ったけど、大雄山線に乗った記憶が無いのと、箱根の交通機関がいまいち不明なので断言できない。登山鉄道は終点まで乗ったっけなぁ?駒ケ岳のも乗ったか忘れた、。(ていうかなくなったんだっけ?
あと大山ケーブルとかも乗りつぶしに入るんだろうか…。わからん。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-13 22:41 | 地理ネタ
横の絵を更新
自民tueeeeeeeee!! (選挙ネタ終了

ひさしぶりに横のメニューの絵を変更。
トップ絵と同じ二人のつもりだけど頭身が明らかに違うのは気のせいです。
d0011358_204623.jpg

↑その大きいサイズのもの。
このまち七丁目番外地にしては背の高い建物を描いちゃったので、どっちかというとこのまち一丁目な感じなのかもしれない。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-12 02:19 | 絵日記
関東って何?
部屋にあった地図。
d0011358_0294621.jpg

か、関東10県!?
いつから新潟は関東になったんだ?というか長野は明らかに中部のはず、、。
d0011358_0314859.jpg

おまけに埼玉と神奈川にはさまれた謎の空白地帯はいったいなんなんだw
ご丁寧に大島まで真っ白な所にあきらかな政治意図を感じるぞw

関東って箱根の関から先だったんじゃないのか?と思って一年ぶりに広辞苑を開いてみる。

1 昔、鈴鹿・不破・愛発の三つの関所以東の諸国。または逢坂関以東の国。
2 箱根の関以東の地。
3 東京神奈川埼玉千葉栃木群馬茨城の六県の総称。

たしかに逢坂関以東の国とすれば関東なんだろうけど、広辞苑の昔っていつのことだろ、。
ちなみに不破の関は関ヶ原で愛発の関は敦賀なんだって。
って、敦賀?福井まで関東になるのかw
まぁ、山北町が湘南ナンバーみたいなもんか。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-11 00:45 | 地理ネタ
ちょっとした神羅改造
ネットでもそろそろ神羅万象の三弾の話がちらほら聞こえてきた感じだ。
今までのも一弾につき30種類と多かったので大量に買って余ってる人も多いはず。(抜いてなければ
自分も微妙に余ってたので、交換する予定もないしせっかくだから改造してみようと思いちょっとやってみた。
d0011358_23411465.jpg

↑右が元で左が改造後

内容はミラー状の材質をプリズムにするだけ。
以下方法。ちなみに材質が角プリなのはちょっとしたこだわり。

1 デザインナイフでカードの真ん中の厚紙状の場所から裂いて二つにする。
2 紙材質を取り除く。水でこするとかですぐ取れる。
3 銀色の層を取り除く。これは水とかじゃどうにもならないのでシンナーを使う。
シンナーもラッカーシンナー等のやや強めのを布につけてこする。この時点で印刷された絵が微妙に溶け出しているのでしつこくこすらない。Vカラーシンナーは絵を溶かすのでダメ。
4 透明な板に絵が印刷されている層だけになったら100均とかで売ってるプリズムシートを張る。

なかんじで出来るはずだけど、元がプリズムのカード(サイガ)で試したらプリズム面が印刷ごと取れて大惨事だったので、背景が白いカードとミラーな感じのカードしか出来ないくさいかも。

まぁ、もっといいやり方を知ってる人がいるかもしれないので参考までに。
(あと、ナイフは尖ってるし、シンナーは換気大事だし、失敗したらカード一枚なくなるので注意してね ←おやくそく

d0011358_23524385.jpg

せっかくだから裏面は半透明に。
なぜ不人気ミヤビを改造するかというと単に余ってたから。(いや、好きだけどねw
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-10 23:55 | 日記
まきますか?まきませんか?
コンビーフの缶についてる「巻く道具」が気になって眠れません。

d0011358_1363624.jpg

↑こいつのことだ

これは何か重要な事をするための「鍵」なんじゃないかと思うんだけど詳細は不明。
ひょっとしたら人類の謎や宇宙の神秘を解く鍵の可能性もあるので、誰か使用方法に詳しい人教えてください!
[PR]
by mukuinu22 | 2005-09-10 01:44 | 日記