復活した旅行系ブログ
by mukuinu22

since 2005 3/25
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:日記( 32 )
design
ブログのデザインをちょっと変更。というか横に本文が長く書けるようにスペースを広げただけだけど。
1回デザインを変えると今までの文章が崩れてちゃうのがちょっと微妙だけどまぁいいか。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-06-07 02:55 | 日記
…まぁ、超自己満足的な内容なので読む価値はゼロに限りなく近いんですが
サークルのノートに細々と書いている「脳内設定俺の嫁」。
文学作品の中の俺の嫁について補足。
全体的にうろ覚えな部分があるのでひょっとしたら間違ってる設定とかあるかも。
嫁なのに。



○ 俺の嫁 文学限定 ランキング ○


1. フリーダ     フランツ・カフカ「城」より
2. アリスの姉   ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」より
3. ワルワーラ(ワーニャ姉さん)  ドストエフスキ-「白痴」より
4. セシル      フランソワーズ・サガン「悲しみよこんにちわ」より
5. ダマーニナ   福永令三「クレヨン王国月のたまご」より



1. フリーダ ~まったくもってけなげな酒場の娘~

カフカの「城」のヒロインにして全体的に薄暗い「城」の世界にあって輝く娘。
突然やってきた主人公Kと酒場でごろごろしているうちに恋仲に。
なんか「城」の世界全体がファンタジーな感じを受けたので、フリーダはエルフ耳で村長はとんがり帽子の妖精さん。Kのキャラはもちろん作者カフカ自身のイメージ。
余談ですが、「城」の作品自体を書いてる途中でカフカが死んでしまったので、「城」はいいところで未完です。もしこの世の中で願いが三つ叶えられるならカフカを生き返らして続きを書いてもらうのは確実なんだけどなぁ。で、俺ランキング堂々の1位ということで描いてみた。左のメニューバーの娘ね。


2. アリスの姉 ~あの日、目に映る全ての世界が不思議の国であった~

無知な故に純粋無垢である、少女の象徴としてのアリスと「それ」が何であるのかを知っている成長した大人の女性としてのアリスの姉。
何も知らないが故にアリスの世界は無限であり限界を知らない。
だが、自らの生きる世界の正体を知ってしまった「成長した少女」の前には、もはや「不思議の国」は現れないのである。自らが失ってしまった世界を懐古するアリスの姉は、成長したアリスの姿であり読後に一抹の寂しさを感じさせてくれる。物語の最後の数ページにしか登場しないけど、アリスの姉さんは俺の嫁。


3. ワルワーラ ~かなり脇役だが知的な姉さん~

作中では結婚して退場してしまうのが悲しい。アグラーヤ?ナスターシャ?いやいや姉さんが俺の嫁だから。


4. セシル ~純粋であるが故に気まぐれ、恋に憧れる小悪魔少女~

キャライメージは18歳でこの作品を発表した"早熟な天才少女作家"フランソワーズ・サガン本人しかないでしょ。


5. ダマーニナ ~地下世界の孤独な美女~

永い間世界の根底を見守る役目を担っていたがその間は永遠の孤独であった。
少年少女向け作品からだが、子供世界ではヒロインと主人公の仲を邪魔する悪キャラ=敵として扱われがちなかわいそうな子。本当は寂しがり屋で純粋に愛を表現しようとしているだけなのだろうが、子供たちは複雑な心情など分かる筈は無いので黒いキャライメージも合わせて、悪者と思われてたと思う。読み返してみるとヒロインより全然愛せるキャラだよなぁ、。
純粋な愛情を表現したいのにひねくれた手段しか使えないダマーニナ萌え。




おまけ  さらに下の世代の文学限定俺の嫁候補

 アリス  「不思議(鏡)の国のアリス」
 アン   「赤毛のアンシリーズ」
 ドロシー  「オズの魔法使い」
 モモ   「モモ」
 ジュディ  「わたしのあしながおじさん」

あたりが有力か…
アリスは西欧で描かれる金髪で長髪な青色ドレスのアリスじゃなくて、東欧でよく見る茶髪で短めの髪のアリスならなお良しです。実際のモデルのアリス・リデルも挿絵を描いたテニエルの絵とは違って短髪だったしね。

って、ここまで来ると良く分からんですね。
こなくてもよく分からんか。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-06-04 02:48 | 日記
このまち大好き
半年くらい変えてなかった本サイトの更新を決意。
っていうか、ブログをやってみてウェブサイト構築が本当に時間がかかると実感。
まぁ、ブログでは表現できない多様なコンテンツとか作れる自由な空間だからしょうがないってのもありますがねぇ。個人的には人から提供されるシステム上で表現するよりも、自分で作り出したページでいろいろ発表するほうがいいとは思ってるんですが、ブログやってるとテンプレートを作ることすらめんどくさく感じちゃうんだよなぁ、。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-05-27 04:31 | 日記
失物
先日の鉄道擬人化の絵について描かれているノートを無くしてしまったらしい。
別に人に見られたら恥ずかしいとか、事務的な内容が書き込まれてたから無くなると大変とかそういった物じゃないんだが、なんていうか気合入れて描きかけた絵が途中で無くなることは魂の紛失みたいなものでかなりの喪失感である、、。
ということで、ここを見ている拾った人(おそらく小田原あたり)は連絡するように!
[PR]
by mukuinu22 | 2005-05-27 02:03 | 日記
会津若松
ネット上をいろいろと見ていたところ、会津若松駅のライブカメラを発見。

http://www.ntt-east.co.jp/fukushima/mado/live/index.html

↑JR会津若松駅ってところ、 夜間は磐越西線の455系が寝てます、。

何番線なのかはよくわからなかったのだが、電車が発車するときのアナウンスを聞いてみると、片方が郡山行きの磐越西線のホームで、もう片方がなんと只見線のホームということが発覚した。只見線といえば「日本乗り通しにくい路線ランキング」で5本の指に入る路線(末端区間は一日に三往復)であり、おそらく一生に何回も乗ることはないであろう貴重な路線である。
そんな貴重な電車の発車する場面が時刻表を確認すればライブカメラで一日に何回も見れるのである。しかも妙に高感度なマイクでアナウンスもディーゼルのエンジン音もばっちり聞こえるので、まさに現場で電車を見送ってるような感じである。
会津若松駅のアナウンスが発車するときに「お見送りのお客様は黄色い線の外側までお下がりください」って言う所や、ローカル線独特の時間よりかなり早く入線しているところなど、首都圏の電車に乗りなれてる日常から離れて旅に出たくなってしまった、。

なんて文を書いてたところ↓のようなスレッドを発見。意外とメジャーだったのかな?

http://live15.2ch.net/test/read.cgi/livevenus/1116133141/

時間によればSLも来るみたいなのでやっぱり貴重なカメラなのかもしれない、。
[PR]
by mukuinu22 | 2005-05-22 02:45 | 日記
シュミ研に行く
関係者の皆様

新歓に行けなくてどうも申し訳なかったです。
一年生に聞いたらなんか楽しかったようなのでいきたかったなぁ。


シュミレーション研究会というサークルの人に誘われて部会?というか活動に参加してきました。

4時頃授業が終わったので、教室を去ろうとしたところ、シュミ研のひとから電話がありました。活動している場所が大学(法学部)の一階のロビーということで、行ってみた所、一般の方々が使ってる休憩用の机にマップとか広げて、おそらく専門用語と思われる単語で会話してる怪しい集団に遭遇。まさかというか、こいつらしかいないかと思ったらやっぱりそうだったようで、明らかに一般の人々は近寄るのを避けている雰囲気を感じたんですが(って言っても自分も秋葉原のメイド喫茶の場所を携帯で後輩に教えながら歩いてたので大差ないよなぁ)とりあえず乱入してみました。

で、自分を誘ってくれたシュミ研の人によると、「メカとかロボとかが近未来世界で戦うようなシュミレーションゲームをやるのに人がいなかったから呼んだんだ。」みたいな感じだったのですが、自分は全然やったことなかったので、(どんな恥辱プレイを強要されるのか)期待しながらそれに参加しました。

まず最初に、マスター(っていうの?司会みたいな役)の人がどのようなキャラが何人必要とか設定を考えて、自分のメカ設定を作るのですが、まったくもってわからないので、とりあえずおすすめの能力値でまかせて作成。あと、搭乗するキャラクターを考えるらしいのですが、「人前でオリジナル設定の軍人(キャラの立ち絵を描くスペースがあるのでビジュアルも)」を考えて発表するのがまず最初の壁で、自分の脳内設定を垂れ流すのは普通は恥ずかしいと思うんですが、一緒にやってた人たちは「いつものオリキャラ脳内軍人(CV付)」がいたようですぐ設定完了してました。

自分もとりあえず即興で「メガネっこ軍人 20歳 男 知力高め」を描いてみましたが、常日頃から、魔女っ娘ならまだしもオリジナル軍人なんて描いているわけじゃないので、服とか全然わかんなかったです。あと、名前はいきなりじゃ考えつかなかったので先輩やら後輩やら友人から、「メガネっ子 男 知力高そうな名前」を探したところ、「ワイチロウ」というキャラが作成されました(ごめんなさいw)

そのあとは、その世界観に即したオリジナル妄想ストーリーをマスターが作ってきて、マスターの考える作戦を指示されます。(今回は宇宙港奪還らしい)で、作戦を考えるのですが、現実味のない作戦だと自分たちの部隊の上司(マスターの考える脳内妄想軍人)に反対されて出来なかったりするらしいです。そして一通り作戦が考え終わると戦闘開始、でもキャラ設定に数時間かかったので、この日はあんまり戦闘できなかったです。
まぁ、少しやったところかなり複雑で初心者の自分にはちょっと難しかったです。生まれて初めて「TRPGでダイスを振る」という経験が出来たので非常に満足ではあったけど。

自分たちは4人でそのゲームをしてたんですが、シュミ研のひとは~15人くらいいたので、隣のテーブルでは「クトゥルーなやつ」とか「オリジナル妄想メイドが戦うやつ」みたいなのとかいろんなゲームやってたです。学校が閉まるまでずっと。

学校が閉まる時間になったので、とりあえず片付けて、解散。
そのあとは夕飯を食べてくらしいので自分も参加、大戸屋に10人で行きました。
当然のごとく「オタな会話」になったのですが、自分が「夢の中でオリキャラ(二次元)と競演したことあるぜ(一般人の方には難しいかもしれないが、極めると2次元キャラと夢で会えるのだ)」と言うと、メンバーの人々が次々と「夢の中でシスプリの○○(名前忘れた)に折檻される夢をよく見る」とか「寝る前は脳内で俺レイテ沖海戦が繰り広げられるんだ」など、普通のサークルでは成立しない会話が交わされてました。
店内に普通のお客さんがたくさんいるのにキモイ話題できゃあきゃあ楽しそうに騒いでるオタ集団はかなりかっこよかったです、。(社会的評価は別として)

一度行くと土曜の午後が丸々使用されるので毎週行くことは出来ないけど、時間に余裕が出来たらまた行きたいなぁと思った一日でした、。
(ちなみに合宿は、たとえ目の前に海がある場所に行こうと、引きこもって二徹三徹でゲームを続けるらしいですw)
[PR]
by mukuinu22 | 2005-05-15 19:55 | 日記
後輩
先日、今年サークルに入った新入生と秋葉原に行ってきたのだが、彼はぜんぜんオタクな人じゃなかったので一緒に歩いてわりと新鮮な感じだった。

特にこの業界にありがちな「レアもの」と言う概念があまりわからなかったようで、一つ50000円のカードと200円のカードの違いを説明するのが結構大変だった。
ぜんぜん知らない人が定価100円くらいのものがなぜ50000円するのかが分からないのは当然だと思う。もちろんその値段にいたるまでにはさまざまな理由やストーリーがあるのだが、それを知らない人間には100円以下に過ぎないのは確かだ。自分だって知っている分野の物ならまだしも、知らない分野のレア品を見せられても全然判断ができないだろう。コレクション品ってのは本当に自己満足の世界である、。

その後輩とはいつものコース(まんだらけ→イエサブ→コトブキヤ→海洋堂の入ってるビル)でまわったのだが、食玩はまだしもお人形さんが大量にあるところとかにいってもひかれなかったのでかなり耐性はあると思った、。

その後は普通に別れたのだが、今日学校に行ってみるとなんと萌関連株について調べてきたらしく結構話が盛り上がってしまった。
現在の萌関連株の高騰ぶりをみると、ITバブルがはじけたようにいつか萌バブルがはじけるからそのときが買い時だ、、とか、さすがに研究会らしい話をしたのだが、この後輩の最近読んでる本がヒトラーの「我が闘争」らしく、本当に一般人なのか疑ってしまった、、。
毎年変な人間は多く来るのだが、「ヒトラーから学び取ることは多いと思う」とのことで、こりゃ来年以降もうちのサークルは安泰だろうなぁ、と思った。
(希少な新入生の女の子が見学に来てるときに萌株の話をしてたらしいがw)
[PR]
by mukuinu22 | 2005-05-09 19:20 | 日記
おもったこと
サークル勧誘で来た一年生にいきなりオタ師匠といわれてしまった。
ほかにも師匠?みたいに言ってくれる後輩は何人かいるのだが、よく考えると自分はオタ方面の学生生活に恵まれているのかもしれない。
数日前にはドイツ戦車大好きなシュミレーション研究会(ボードゲームやってる)の人と友達になったし、鉄道研究会に所属して友人に鉄オタがたくさん、証券研究会というサークルでは先輩も後輩にパソオタ、または軍オタ、アニオタがいるし、漫研にも知り合いがいる。他学部の友人は自作漫画で同人誌出してるのもいれば、独逸大好きな人やら少女漫画好きとかもいる。
世の中でオタがだんだん一般的になっている現実があるにしろ、こんなにオタな趣味の大学生がいるものだろうか?(自分のほうから選んでる傾向もあるけどねぇ。

また、普段参加しているサークルにはもちろん一般な価値観の、いわゆる「オタクきもい」な人も多々いるので、自分がこんな感じの話をして片身が狭いと思うときも多々ある。
個人的には、今後の傾向としてオタな話は多世代の共通言語になっていくんじゃないかと思っているので今のような状況でオタがずっと社会現象となっていてくれれば違った世代間でも話題に困らないのでいいと思うのだが、。
(たとえば会社の先輩と後輩でそれがZかSeedかはともかくガンダムの話とか出来るだろうし。
まぁ、社会に出るようになるとそれ系の話が出来る人が少なくなって寂しくなるかもしれないというのは確かだと思う。

もっとも、ある期間を過ぎて今のようなオタが一般的になっていく社会が終わってしまえば、60年代~70年代における全共闘世代のようにその時代を生きた人間にしか共感できない世代になってくのかもしれない。
学生運動ならかっこいいし憧れる所があるのだが、オタな世代は気持ち悪い世代だよなぁ、みたいに言われるのは確実だろう。

いまのところアニメやら漫画ががんばってくれてるし、インターネットも今後もっと普及してくのでいきなりオタな時代が終わるようなことはないとは思うが、今の時代が日本の社会風俗における黒歴史になる可能性もあるだろう。
もちろんその答えは今後訪れる時代の中にあるのだが、少なくとも自分はこの時代を生きているのだし、自分を囲む世界から提供される情報や出来事は快適だし、とても満足している。
だからこそ、今の時代は自分にとって素晴らしい時代であると断言しても言いと思っている。

…のような感じで自分の環境を考えてみたのだが、もし関係者で「正直引いてます。きもいので即刻オタな話題は止めて下さい」な感じな人がいたら教えて下さいw
ほっとくとどんどん変な方向に進行するからw
[PR]
by mukuinu22 | 2005-04-17 23:25 | 日記
海外に行きたい
大学生なんだから海外でも言ってみたいなぁと考えてみる。

ドイツ大好きなので、戦車博物館とか城を見に行くとかでもいいのだろうが、本心では先進国を旅行したって大した満足は得られないんじゃないかと考えている。

なぜかというと、文化的・社会的なものを見ても自分には鑑定眼がないので大した評価をすることは出来ないだろうし、語るほど驕れないはずだ。おそらく当地のおいしい料理にもそれほど満足しないだろう。

ではどこへ行きたいか?と考えると、やっぱり、日本では手に入らない何かを得るのが海外へ行く一番の目的だと思うので、海外だったら先進国ではなく、南アフリカやらインドやらハイチやらコロンビアやら、そんな感じの危険な所に行きたいと思う。

南アフリカのヨハネスブルクは世界一危険な都市らしいし、ハイチには階級格差が残っていてスラムは魔境のような感じだ。コロンビアでは誘拐がビジネスだし、インドは定番だが、人生観が変わるのは確かだろう。そういった所へ行くのにはもちろん仕組まれた旅行ではだめで、自分から何かを発見しに行く旅が出来れば本当の満足が得られるはずだ。

もっとも現状では、英語も満足に使えない海外初心者なので、これからの予定なども考えてみると、おそらく大学時代においては行かず終いになると思われる。
現在考えてる計画では、すくなくとも20代のうちに前述のインドか南アフリカには到達しておきたいと考えているので、今は基本的な英語の勉強をしている。
今後は3年以内に英語圏の国とアジアでマイナーな国(中国韓国じゃなくてカンボジアとかベトナム)に行ってみたい。そこで経験をつんだらさらに遠くへ、といった感じで計画を練っている現在である、。

もちろん、就職して仕事に追われたり、気づいたら結婚していたなんてことになってしまったら、周りの環境が許してくれないだろうし、ある程度の年になったら危険な場所にも行く意味がないだろう。若くて価値観の発展が見込めるうちに行っておかないと、新しい出来事との出会いも新鮮味もなくなるだろうと思うし。(今もそんな若くないけどねぇ)
[PR]
by mukuinu22 | 2005-04-10 01:26 | 日記
羽田

ANAユ二フォームコレクション

ヤバイ、
超ほしいんですけどコレ。なんていうかつぼを心得てるね。こりゃ絶対売れるよ。
5月1日発売?秋葉原とかじゃなくて羽田とかでしか買えないの?
店頭じゃ、当然当日売り切れとかなんだろうなぁ、。
ネット予約で送料が630円、でも家に送られてくるのも微妙かw
こりゃ朝から授業サボって羽田くさい感じか?w 
とりあえず二代目、六代目、八代目、九代目は死守しなければ、、、


d0011358_12611100.jpg

近況

仙川で面接があったので、終了後仙川沿いを歩いてみる。
そろそろ桜が咲きはじめた感じですね。今週末は見ごろになるかな。

歩いたのは仙川駅~成城学園~二子玉川園で多摩川に合流するまで。

あれ?なんか地図見たら10キロくらいあるぞw
おかしいな、スーツで歩いてたんだが、、
[PR]
by mukuinu22 | 2005-04-04 00:57 | 日記