復活した旅行系ブログ
by mukuinu22

since 2005 3/25
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
散歩にこだわる、こだわる
自分は散歩好きだ。

どのくらい好きかと言うと、井の頭公園から隅田川まで神田川沿いを歩いたり、
多摩センターから小野路を抜けて鶴川あたりまで歩いたりした。
気がつくと1日10キロ以上歩いている事も多い。

趣味で地理好きなので散歩の目的も色々ある。
それは目新しい風景を発見することだったり、
その土地の商圏やら歴史やら風俗的なものを味わう事だったりする。

だから、散歩をするにしても事前にテーマを考えてから歩く事にしている。

地図上で見つけた地理的に特異な場所を選んで出かけていくことも多い。

それは計画により人工的に作られた街とその周辺に広がる未開発地区との
ギャップを楽しむものであったり、

また、鉄道沿線を歩いて鉄道会社による街づくりの差や沿線の住民の
キャラクターを発見しに行くことだったりする。

d0011358_20514775.jpg
秋の陽が落ちて来た仲町台から荏田に向かうあたりの道。遠くの丘は開発されてしまったが、こちら側は田んぼが広がる。


特徴的な地理を持つ場所は歩いていて楽しい。
それが住宅街の白金でも、ドヤ街の山谷でも、新興住宅地の多摩センターでも、
寺町の浅草でもいい。それぞれの街がもつ特徴を感じるだけで楽しいからだ。

d0011358_2054973.jpg
丘を埋め尽くす墓の山は根岸共同墓地。なかなか特徴的な光景だけど、観光地じゃないし雑誌にはまず載らないと思う。
奥に見えるのは根岸競馬場跡。



 いままでで東京から神奈川にかけて特徴的な場所にはかなり訪れたと思う。
たしかに訪れていない場所もあるにはあるのだが最近はただ歩くだけじゃなくて、
今まで以上に効率的な散歩をしようと考えている。

効率的な散歩とはなにか?これは人により目的により違うと思う。
新しい店を発見することだったりレトロな風景を探しに行く事だったりするかもしれない。

自分の場合は、「そこにしかない特徴的な風景を見て歴史やら背景やらを楽しむこと」
だったり、「その時期において美しい場所を訪れること」だったりする。

そして、それをより実現するための条件を考えてみた。

1 散歩にテーマを持たせる
(住宅地な雰囲気を味わうため田園都市を歩くとか、港湾風景を味わう鶴見線とか)

2 場所は事前に地図で調べておく

3 地図を持っていること
(歩いてるうちにぶつかった道路がなんていう名前でどこまで続いてるのかを
確認したり地名を確認したり)


4 高台に行くときは空気が澄んだ冬だったり、住宅街だったら夏の夕暮れだったり、
桜の季節の川沿いだったりと季節と時間にあった場所を選ぶ
あと、快晴で微風があるとよし(空気がよどんでない)

d0011358_2058439.jpg
京急南太田駅の上には寺があるが、季節じゃないと桜がそこにあったなんて気づかないかもしれない。


5 あらかじめ歩く途上にある著名な場所のエピソードとか確認しとく
 
6 散歩記などHPを見ていい感じそうな場所を選んどく
(やっぱり、ほとんどの場合で偶然発見するより効率的。
いい感じの場所はどこにでもあるわけではないので)

7 聞いている音楽も重要


なぜこんな風に考えるのかというと、昔は旅雑誌みたいに

「ふと歩いていたら名も知らぬ路地に突然素晴らしい風景が…」

みたいな事態がよくあると考えていた。

しかし、かなりの場所を歩いてみた結果としてはそんな場面にはなかなか遭遇しない事が判って来た。
  

そして考えた結果気づいたのは、
「ふとした風景に出会った感動」を得るためにも色々と条件が必要だと言う事だった。


特に日本の都市は画一的な街並みにされてしまっているので、
あらかじめ「いい感じの風景に出会えそう」な場所を歩くのは必須だし、
時間、季節、天候、場所、音などの様々な条件がただの風景を演出して
その場所を一枚の絵に変えてくれる。

ある感動に出会った時それは偶然ではなく、条件が重なった状態なのだろう。

d0011358_2144448.jpg
なかなかレトロな西品川郵便局。魅力的な(画一的ではない、古い)建物は人の流れが少ない場所に多いので、あらかじめ交通の不便そうな場所や陸の孤島のような場所は押さえておく。ひと昔前のゴーストタウン状態の汐入(南千住8丁目)とかいい感じだった。


もちろん、ふとした感動は突然来るものなのかも知れないが、ある程度は自分で
状況を設定する事によってそれを効率的に味わう事が出来るようになるだろう。


その時に聞いている音楽も重要だ。

何気ない新興住宅地でも「長い坂の絵のフレーム」や「新しいラプソティ」(井上陽水)を
聞いてるだけで風景はがらっと変わるし、ただの地方都市でも「遠くに行きたい」を
聞くだけで旅情が溢れる。聖跡桜ヶ丘で「カントリーロード」聞くのも同じ。


もちろん、その地域にとって一番特徴を現している時間、時期を見るのが一番美しいと思うし、
色々と考えて計画するのが散歩上級者じゃないかなとか考えてみた。


しかし、こんなに考えてると散歩に出かける時間が少なくなっていくと言う事実!

あぁ結局、てきとうに歩くのが楽しいかなぁ…。
[PR]
by mukuinu22 | 2006-03-12 20:33 | 地理ネタ
<< 一 (はじめ) 駅弁コレクション フリーメイスンの見学に行く >>