復活した旅行系ブログ
by mukuinu22

since 2005 3/25
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
神奈川の自治体を紹介してみる -その01 足柄上郡 中井町-  
突然だがこのブログは神奈川大好きなmukがつくってるブログであり
訪れた人にせっかくだから神奈川を知ってもらうのがコンセプトだ(多分)

だが考えるとたいしたコンテンツがないじゃないか!

というか連載風の企画が欲しいと思った。今
ので、ちょっとした連載をはじめようと思う
題して 「せっかくだから神奈川の自治体を紹介してみる」
そんなかんじで毎回ランダムに神奈川近郊の自治体を紹介しようと思う。

第1回目はいきなりマイナーだが足柄上郡の中井町だ。




d0011358_19444917.gif

基本的に農村
神奈川県 足柄上郡 中井町

人口 約 10000人  少なめ
知名度 ☆★      わりとマイナーだと思う
工場度 ☆☆★     大きな工業団地がある
農村度 ☆☆☆★   全体的に農村っぽい
観光度 ☆★      メジャー所はほとんどなし
名産品 あんまり聞かないが酪農らしい まぁ強いていうならコーヒー?(地元ネタ

鉄道駅がないのでJR二宮か小田急線秦野にバスで向かう
道路は県道71号線が幹線。東名高速の秦野中井ICがある


軽い沿革と特徴

中村と井ノ口村が合併して中井町になった。典型的な明治の合成地名かな?
二つの地域の間を高規格県道が通り、高速道路に接続する
一部工業団地が発展してるけどほとんどの地域は農村風だ

公式サイト
http://www.town.nakai.kanagawa.jp/
05/08 現在でアクセス件数 「004312」 って、このブログより少ないぞ! 大丈夫か!?
リセットが入ってないんなら中井町のインターネット普及率は相当低いとみられます(偏見

d0011358_19451595.gif

地名

風景も田舎っぽいが地名も古いようだ
IMEで一発変換できない難読地名も多い
半分方(はぶかた) 比奈窪(ひなくぼ) 古怒田(こぬた) 境別所(さかいべっしょ)など

Googleローカルで単語の検索をしても中井町の地名しか出ないので、全国的にもかなりレアかもしれない。
古い地名を殺さないで現在も使い続けてるのは良い事だと思う。
地名が統合されてどこまで行っても○○1丁目~8丁目みたいな場所が都市部には多いけど、
味がないしわかりにくいので個人的には好きになれない。


案内


1  東名高速 秦野中井IC
恐らく町のアイデンティティである町発展の鍵となった高速道路の出入り口。
資料を検索すると割と頑張って誘致したみたいである。おかげで工業団地も出来た。
ちなみに神奈川県内のほかのICは東京方面から順に
東名川崎IC 横浜青葉IC 横浜町田IC 厚木IC 大井松田IC となっている。

2 役場周辺
県道が通る井の口の方から山を挟んだ反対側には田園風景が広がる。
急速に発展した町の反対側に比べて昔からほとんど変化がなさそうな場所である。

3 厳島湿生公園 (井ノ口地区)
水の湧く泉の中にある神社がいい感じに自然な公園。
距離的に大通りである県道からは近いが、見つけづらいため割とマイナーかもしれない。
井ノ口では巨大な火の見やぐらと半鐘を発見した。
夜に通ったら拍子木を打つ音が聞こえたりと、今の時代には珍しい「村臭さ」が残っていると思う。
地域を通る道(旧道)にはかつて軽便鉄道が通っていたが廃線っぽい施設はほとんど期待できない。

4 工業団地
ほとんどの地域が山や田園な中井町だが、この周辺は工場が密集する工業団地である。
かなり大規模であり、 テルモ  日立コンビューター ブルックス 富士ゼロックス他大会社のオフィスや工場が多い。


その他の無駄な情報

1 比奈窪の辺りで「マルフクとキリスト看板」を発見した。神奈川じゃ珍しいかも。
2 中村川に重量25t制限の標識あり。重さ制限では全国的にもかなり珍しいらしい。
3 特に商業施設も著名な娯楽施設も無いので二宮方面から秦野方面に行く際には(逆もだが)「通り抜けるだけの町」感が強い
4 かなり長閑な久所地区に「マリア観音像(隠れキリシタンのね)」を所持されている方が居て見学も可能
自分は友人と道にあった標識を見て突然訪問したが快く案内してもらえた。200年以上前の像の歴史はすごいと思う
もちろん一般民家の持ち物だし、突然訪問はあれなので事前に問い合わせた方が良いと思いますです
5 井ノ口の「井」って大井町の「井」と同じなのかな?「井」の入り口だから井ノ口なのかも
水が沸くから井戸の「井」の出る口で井ノ口なんだって。自己解決した
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-05-08 21:46 | このまちだいすき
自転車に乗って
GWで天気もいいしひさびさに自転車で遠出してみた。
ルートは下の図参照。

d0011358_00087.jpg


…はい、ママチャリで1日60キロはきつかった、。
なんとなく目標として大和あたりまで行きたかったってのもあるけど距離が進むにつれ、
横浜に到達したくなったり、東京に到達したくなったりと欲が出てきてこんな風になった感じ。
目的地の都県境に着いた時は感動して「心地よい疲労感!俺何でも出来そうな気がする!」な心境だった。
でも、ちょっと考えてみると帰りが普通に死にそうだよね。
な事に気づいて、家に帰りは暗い山道で自転車をこぎながらずっと後悔してた。
東京って自転車でいける距離だな。4時間かかったけどね!
もうあんな遠くには自転車で二度と行かないでしょう。(多分いつか行く

↓以下 今回のデータと気づいた事。


出発地 神奈川県 二宮町 北部
到達地 東京都 町田市 246号線 都県境付近 

出発時間 11:30 目的地到着時間 16:00 
帰宅時間 20:00  

移動距離 50~60 キロ
移動手段 自転車

通過した自治体 二宮町 中井町 秦野市 平塚市 伊勢原市 厚木市
海老名市 座間市 大和市 横浜市 瀬谷区 東京都 町田市 綾瀬市 藤沢市


気づいた事

○ 自転車の敵は直線距離ではなく地図から読み取りにくい道の高低差。

○ 夕方になると風が吹き出し、向かい風だと行きより体力を奪われる。
暗くなってからの自転車は寒くなる事もありさらに疲れる。

○ 中井町の厳島湿生公園はいい感じに整備されていた。中井は全体的に村臭がしていい感じ。
巨大な火の見櫓と半鐘が現存してたし。今でも火事のとき使われるんだろうか…

○ 平塚の市境の遠藤原を行く道は丘陵の尾根を行くみたいな感じでよかった。田舎っぽいし。

○ 金目の金目川にかかる古い橋に1.0t制限の標識がついてた。車は通れないけど。

○ 愛甲石田近くのフォーラム246の正体はホテル+研修施設。

○ 大和駅近くの246のバイパスの橋上からは厚木基地に侵入する航空機が間近に見れる。ものすごい爆音。

○ 厚木~海老名は近いが海老名~大和は遠い。

○ 大和駅近辺も航空機が見えないのに爆音がした。音が響く地域みたいなのがあるんだろうか。

○ 中原街道はアップダウンが激しく寂れていた。

○ 中原街道の綾瀬大和市境に厚木基地の滑走路がよく見えるポイントがある。見てる人もたくさんいた。

○ 海老名~平塚北部は工業団地や田んぼが多く自転車だとやる気を失う。

○ 平塚北部~中井~二宮は高低差が激しく自転車だとやる気を失う。

○ 中井町の井の口近辺で木を打ち鳴らすよく響く音に遭遇。
何の音かと思ったら拍子木をたたきながらの見回りの人だった。
この時代に拍子木の音がする中井町に狂気を感じ…もとい、いい感じだ。
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-05-04 00:42 | 神奈川とか
Youtube!
動画の投稿とそれを見る事が出来る(で、あってる?)youtube。
http://www.youtube.com/

 なんか出来る事はnyと変わんないような気もするし、違法なのか合法なのかもよくわからないけどとりあえず
沢山の動画がみれてすごい便利。しかも形式は微妙だけど保存できる。
違法性はともかく、近いうちに消えるんじゃ?とかの話も聞くので、保存したいのならお早めに。

古いPVとかアニメOPEDとかが充実してるような感じで、有名な曲は曲名で検索すれば大抵出てくる。
こんなに沢山出てくるとは、なんか記憶の中を旅してる気分だ。
以下おすすめのやつ。

洋楽

Part time lover
http://www.youtube.com/watch?v=_CxZARMh6sg&search=part%20time%20lover

スティービーワンダーとボーイジョージ。
この曲でこの二人。色々とすごい組み合わせだ。ちょっと感動。

Take on me
http://www.youtube.com/watch?v=WayYcrx4Gv0&search=take%20on%20me

さすが名PVだけあってファイルがたくさんあるなぁ。
あんまりみないけどすごい技術だ。実験作というか。


邦楽


techno polis

http://www.youtube.com/watch?v=330__x_mDDI&search=%20ymo
たくさんあるYMOの中からあえてTechnopolis。トキオー!トキオー!

YMOのPVはいいなぁ。
曲とPVが融合してるから両方ないと味わい半減だ。



http://www.youtube.com/watch?v=CUsAmb15njo&search=kurenai
クぅレぇナぁイだぁぁぁーーーー!!!  
聞こぉうえぇねぇえーーー!! 
腹かぁら声出せぇぇェーー!!!

よし、いい時代!
同じ曲で10種類以上あがってるのでおなかいっぱいになれます。


アニメ

カントリーロード
http://www.youtube.com/watch?v=OzhRsjWgObc&search=country%20road

総集編風PVな感じ。
とりあえず聖蹟桜ヶ丘には何回訪れたかわからん。

シ・ネ・マ
http://www.youtube.com/watch?v=omHVZjip36g&search=ikkoku

めぞん一刻のED。めぞん一刻の曲っていい曲ばっかりだなぁ。
というか、この時代はテーマ曲が80年代アイドル文化と融合してる感じか。
↑も超いい曲+作画なのにあんまり知名度はないかもしれない。
カラオケで歌っても誰もわかんないんだよなぁ。

かなしみよこんにちわ
http://www.youtube.com/watch?v=tF3WoNbADTU

鏡の中のアクトレス
http://www.youtube.com/watch?v=7MECVQ2bLAc&search=kagami%20

「時の河を越え」は無かったけど、渚の「…」 http://www.youtube.com/watch?v=4zIattV94Ag&search=kimen

かっことじとじ!
いいなぁ、。
ああ、なんかいつの間にかアイドルなつかしタイムになってる気がする、。
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-04-07 21:38 | パソコン一般
google earthで地球を旅する
google earthやってみた。 すごいよgoogle!!

google earth
http://earth.google.com/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/29/news004.html

地図サービスのgoogle localだけでも十分凄いんだけど、
なんてったってアースだし、スケールが違う。
3D表示で視点や場所の移動、高さなどかなり自由度が高い。
行ける場所ももちろん地球上の全ての場所だし、これ以上の地図アプリ見たことないぞ!
なんかこれやってると旅に出るより楽しくなってきそうだ。

d0011358_21222620.jpg
初期画面は宇宙から地球を眺めてる視点

d0011358_21231820.jpg
新宿副都心 ここまでズームできる!しかも3D表示可能

d0011358_21241629.jpg
伊豆の方を見る 富士山周辺の地形が良くわかるなぁ

d0011358_2125146.jpg
ヨハネスブルグ近郊のソウェト
恐らく地球上で最も行かなそうな場所ランキング上位に入るだろうヨハネスブルグにも直行できる なんかカオスだ。

d0011358_22232621.jpg
かなりズームできるような場所もある これはアフリカの砂漠のラクダの群れのアップ

で、とりあえず使ってみてわかった問題としては。

1 欧米向の英語版しかないので基本的に日本人にはやさしくない
2 日本地図ではなく世界地図なので日本でも大都市じゃないと解像度が低い
3 インストールしなくちゃいけないのと接続速度が遅いと快適じゃない
4 たまに地名が間違ってる (例 白馬がしろうまだったり大磯の表示が相模湾に浮いてた

英語版しかないのは英語がちょっと不十分な自分みたいな人にはめんどくさいし、世界の大都市の解像度が高いのはいいけど日本人が使うんだったら群馬県の方がヨハネスブルグ近郊より低解像度なのは不便だろう。

まぁ犬吠崎より喜望峰の方が解像度が高いのはなんか好きだけどw



グーグルも凄いけど日本の写真だけだったら国土交通省の航空写真もいい。
まぁかなり古いしなぜか雰囲気的にかなり恐怖だ。 何十年前の画像は味があるけどねぇ。

国土交通省航空写真
http://nlftp.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WF_AirTop.cgi?DT=n&IT=p

d0011358_21305718.jpg
30年前の我が家周辺 なぜか薄暗い雰囲気が恐ろしい…

国土交通省の航空写真が鳥の目だとしたら、グーグルは神の目かも知れない。


以下wikipediaグーグルアースの項目より。

 各国の秘密事項である軍施設・政府施設・原発などの、本来秘匿すべき重要施設の衛星写真なども容易に見ることができる。テロリストがこのことを利用し、これらの重要施設が攻撃される可能性があるとして、インド・タイ・オランダ・韓国などが非難を行った。なお、アメリカ・ホワイトハウス、連邦議会議事堂など、一部の重要施設にはモザイク処理がかけられている。また、イスラエルの高解像度画像については法的に公表が差し控えられている。

軍事機密を一般人がパソコンで自由に閲覧できる時代なんだなあ。
なんかすごいや。
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-21 21:26 | 地理ネタ
kids goo にはじかれる
有害なサイトをはじく事で有名なキッズgooの検索。
当然自分のブログも試してみる事にした。



…あ
見事にはじかれたw

おかしいなぁ。
明らかにはじかれそうな立体保管庫の方がはじかれないのに…。
何のワードに反応したんだろ?
そんな反社会的な単語入れてないはずなんだけどなぁ。

http://kids.goo.ne.jp/cgi-bin/kgframe.php?BL=0&SY=2&TP=http%3A%2F%2Fmukuinu.exblog.jp%2F
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-20 19:37 | パソコン一般
夜明けの東京を行く
夕方から始まった飲み会だった。
店では1次会の続きで1年から4年までのメンバー十数人が時事問題やら4月からの事など、
この時期の大学生ならありきたりな話をしていた。

水道橋の居酒屋は3時で閉まってしまう。
もちろん深夜3時という微妙な時間帯で街に放り出されても行く所は限られていた。

時間的に始発までは1時間ちょっとあるし、もはや深夜というよりは早朝に近い。
渋谷や新宿ならまだしもここは千代田区なので、この時間では空いている店も少なくカラオケに行くには遅すぎる。
東京ドームの近くのファミレスにみんなで行ってもいいが、少し酔っている事だし
自分は始発まで少し歩いてみるのもいいかもなぁなんて思う。

なんとなく、後輩に歩いて帰ると言ってみると、そのノリのいい後輩は一緒に来てくれることになった。
そして、自分も後輩も家が同じ方向の神奈川なので「川崎まで歩こう」と提案してみた。
おそらく東京駅から東海道沿いを20キロくらい歩けば川崎に着くだろうが、もちろんこれはネタだった。
しかし、レスリングで関東5位以内くらいの成績だったという体育会系の後輩は、

「疲れるまで歩きましょう!横浜を目標!」

こいつの目は本物だ、。
…いつ疲れてくれるんだ?ううん、まぁ、水道橋から品川くらいで許してもらうか?


歩き始める事になると、何をするにも微妙な時間という事もあって家が六本木の後輩もついて来てくれた。
先輩である自分が軽く強制したのもあるが、もちろん酒も入っているしそうでもなけりゃこんな機会はないだろう。

とりあえず最初の目的地は後輩の一人の家のある六本木に決定。
水道橋駅の始発を待つ他のメンバーと別れ、深夜の千代田区を3人は歩き出した。

千代田区は皇居を中心にしてその周りに街が広がっている東京の中心地だ。
歩いている場所や出会う地名がそれぞれ目的地となりうる場所もある。
もちろん、深夜の靖国神社の中をコンビニで調達した食料を食べながら歩くのは初めてだ。

歩き始めた水道橋から百メートル行かないうちに神保町とぶつかり、
さらに5分も歩くと九段下の靖国神社に出会える。
白山通りも靖国通りも車は少なく、走る車もほとんどがタクシーだ。
普段は見られない大通りの道路工事の回転灯が夜を演出している。
もちろん、この時間帯は道路工事以外の人影はほとんどない。

大通りを歩き続け、麹町から半蔵門を越え、永田町を横目に見た。
国政の中心地とあって、この時間でも警察官が路上で警備をしている光景が見られる。
この時間帯に出歩いている人間は皆無に近いし、こんな場所を歩いている自分たちは、散歩とはいえ怪しいんじゃないんだろうか?
なんて思いながら首都高の下をだらだらと歩き、コンビニで立ち読みをしながら左手に紀尾井坂のニューオータニを見ながら赤坂見附の交差点を越えた。

この辺の場所的には赤坂なんだろうか。
中心地に入ると、恐らく居酒屋ではないタイプの飲食店が多く見られた。
「なんかデュエット曲であったよね?歌謡曲の何だっけ?」
みたいな感じで後輩に聞いて見るも、興味はなさそうだし当然昭和歌謡の事なんてを知る由もないようだ。
最近はご当地ソングって流行らないのかなぁ?「ヒルズ音頭」とかあったっていいじゃん。

赤坂ヒルズを見ながら意味のない事を考えていると、そろそろ六本木に近づいた。
六本木1丁目駅が見えると、後輩の一人はここから家まで地下鉄で帰ると言う。
疲れたようで、ここから家まで15分も歩くのが嫌らしい。さすが港区民。


最寄り駅から隣の駅まで軽く5キロ近くある地方民の自分には驚愕だった。
そういえばからもう一人の後輩は水道橋から御徒町の家までタクシーで帰るって行ってたっけ?
結局、後輩とはそこで別れて明らかにひょろい自分と体育会系の後輩との2人での散歩が再び始まった。


東京ではよくありがちな坂道をあがり、すぐに東京タワーが姿を現した。
ライトアップされたタワーは東京の街を歩いているのだと言う事を改めて認識させてくれる。
そして、気づけばうっすらと夜も明け始めている。
空を見たがこのあたりからは星が1つしか見えなかった。
あたり飛んでいたヘリコプターの灯の方が星より強く、星のように光っている。


この時間でもやたらと外人の多い六本木の街に入ると六本木ヒルズが見えた。
夜明けが迫る午前5時とあっても、ヒルズの上層階は明かりが爛々と輝いている。
ヒルズの中ではこの時間まで仕事をしているんだなぁ、なんて考えると、この国の経済の
1つの舞台がリアルタイムにそこにあることが感じられて少し感動した。
きっとヒルズの上の方で迎える夜明けは別格なのかもしれない。
それが終わらない仕事の最中であっても、その場所でその時間まで働いているというシチュエーションに酔えそうな気がした。
もちろん自分にはほとんど関連のない世界の事ではあるが…。


六本木を過ぎると道に迷ってしまった。
東京はただでさえ目印になるような地名や通りが多すぎて方向が狂うと大変だ。
南麻布や広尾の大使館が沢山あるあたりを歩いてみるが、どこへ向かっているのかはわからない。
とりあえず東南の方向に向かっているはずなのだが…、。

ここは何区だろう?どこに向かってるんだ?フランス大使館の横を歩きながら考える。
早朝だというのに路上で警備の人もいるが、聞くのもどうかと思うしとりあえず進むしかない。

遠くに高いビルが見えるのでそっちの方に行く事にした。たぶん品川だろう…。
首都高の下をくぐりちょっとした住宅街に入ると住所表記は白金だった。

4年間通ってたとはいえ東京の地理にそれほど詳しいわけじゃないのでコンビニの地図で確認するもよくわからない。
とりあえずひたすら前に進むしかない。時間的にはもう六時を越えていた。


袋小路に入り込んだり、謎の豪邸を横目に見ながら気づくと幹線道路が近づいて来た。
坂の多い東京で歩いている場所も台地の上にあるので遠くまで見渡せた。
道路にある地図で確認すると目黒駅が近いらしい。


迷ってたとはいえ品川じゃなくて目黒か、。
かなり品川までは距離あるよなぁ。

…ということで、後輩にはここで許してもらった。
彼は本気で横浜まで歩きたかったらしく、少し文句を言っていた。
今日の歩行距離は15キロくらい。
あの激しい飲み会の後だと思えばわりと頑張った方だと思う。


いつの間にか新しくなってた目黒駅から通勤客に混じって山手線内回りに乗車する。
後輩は立ったまま寝ていた、さすが体育会系。
すぐに電車は品川駅に着き京急を使う後輩とそこで別れ自分は下りの東海道線を待つ。
時刻は午前8時に近くなっていた。

そして、しばらくの時間の後ちょうど東海道線からなくなる予定の113系が来たのでそれに乗車した。
下りだからこの時間でもほとんど通勤客が乗っていないので余裕で座れた。


走り去る車窓から消えていく品川のビル郡と、それに反射して輝く太陽光。
そびえ立つ巨大ビル郡はまさに東京の象徴だ。

のぼって来た太陽は、夜を押しのけて時間はさらに進んでいく。
大森から蒲田へ、東海道線が抜き去っていく駅々には東京に向かう大量の通勤客が見える。
上り列車は大量の乗客を抱え、夜を越え家に帰る自分がそれを眺めているのはなかなかシュールに思えた。


これから自分は神奈川の家に向かう。
卒業する自分はもう水道橋には頻繁に行く事は無いだろう。

しかし、東京の街はイメージの中だけではなく現実につながっていた。
車窓から走り去る市街地は自分の家まで続いているし、
明日も明後日も東京に向かう通勤客はそこに在り続ける日常だ。
一晩中歩き続けた自分には、目の前にあるそれが現実なのだという事がより明瞭に理解できた。

太陽はすでに高く上がり、その日が快晴である事を予感させる。
もちろん家に着けば、ただひたすら眠るだけだという事も。
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-17 10:49 | 日記
一 (はじめ) 駅弁コレクション
コカコーラの「一」というお茶に首かけで付いているフィギア。
 
全国駅弁コレクションだって。
とりあえず鉄道関係なので確保。

自分の買ったのは柿の葉寿司らしい。

開けてみると弁当も茶も台座に接着してあって動かせない事が発覚!
これじゃ遊べないじゃないか!
と思ったが、すぐにニッパーで切除したので無問題。


このフィギア、台座が車窓っぽくなってて、お茶のおまけだから風景が全部お茶畑なんだけど、
函館本線の森駅の「いかめし」の背景も茶畑ってのは茶の北限を超えてるんじゃないんだろうかw
と思って調べてみるとかつては北海道でも茶の栽培があったらしい。
すごいぜ植物!
でも実際に茶畑が車窓に出てくるのって東海地方くらいだよね多分。

このコレクションの駅弁分布図を見てみると有名な駅弁って幹線(○○本線)にしかないような感じだなぁ。
ていうかローカル線なんてほとんど無人駅になっちゃってるから弁当なんて買えないか。
人が多くない場所じゃ売り上げも見込めないだろうけど、全国のデパートで買えるご当地駅弁じゃつまんないかもしれない、。

やっぱり品川駅で「峠の釜飯」売ってたりするのずるいよね。なんか卑怯だ!
↑純粋
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-13 10:19 | 日記
散歩にこだわる、こだわる
自分は散歩好きだ。

どのくらい好きかと言うと、井の頭公園から隅田川まで神田川沿いを歩いたり、
多摩センターから小野路を抜けて鶴川あたりまで歩いたりした。
気がつくと1日10キロ以上歩いている事も多い。

趣味で地理好きなので散歩の目的も色々ある。
それは目新しい風景を発見することだったり、
その土地の商圏やら歴史やら風俗的なものを味わう事だったりする。

だから、散歩をするにしても事前にテーマを考えてから歩く事にしている。

地図上で見つけた地理的に特異な場所を選んで出かけていくことも多い。

それは計画により人工的に作られた街とその周辺に広がる未開発地区との
ギャップを楽しむものであったり、

また、鉄道沿線を歩いて鉄道会社による街づくりの差や沿線の住民の
キャラクターを発見しに行くことだったりする。

d0011358_20514775.jpg
秋の陽が落ちて来た仲町台から荏田に向かうあたりの道。遠くの丘は開発されてしまったが、こちら側は田んぼが広がる。


特徴的な地理を持つ場所は歩いていて楽しい。
それが住宅街の白金でも、ドヤ街の山谷でも、新興住宅地の多摩センターでも、
寺町の浅草でもいい。それぞれの街がもつ特徴を感じるだけで楽しいからだ。

d0011358_2054973.jpg
丘を埋め尽くす墓の山は根岸共同墓地。なかなか特徴的な光景だけど、観光地じゃないし雑誌にはまず載らないと思う。
奥に見えるのは根岸競馬場跡。



 いままでで東京から神奈川にかけて特徴的な場所にはかなり訪れたと思う。
たしかに訪れていない場所もあるにはあるのだが最近はただ歩くだけじゃなくて、
今まで以上に効率的な散歩をしようと考えている。

効率的な散歩とはなにか?これは人により目的により違うと思う。
新しい店を発見することだったりレトロな風景を探しに行く事だったりするかもしれない。

自分の場合は、「そこにしかない特徴的な風景を見て歴史やら背景やらを楽しむこと」
だったり、「その時期において美しい場所を訪れること」だったりする。

そして、それをより実現するための条件を考えてみた。

1 散歩にテーマを持たせる
(住宅地な雰囲気を味わうため田園都市を歩くとか、港湾風景を味わう鶴見線とか)

2 場所は事前に地図で調べておく

3 地図を持っていること
(歩いてるうちにぶつかった道路がなんていう名前でどこまで続いてるのかを
確認したり地名を確認したり)


4 高台に行くときは空気が澄んだ冬だったり、住宅街だったら夏の夕暮れだったり、
桜の季節の川沿いだったりと季節と時間にあった場所を選ぶ
あと、快晴で微風があるとよし(空気がよどんでない)

d0011358_2058439.jpg
京急南太田駅の上には寺があるが、季節じゃないと桜がそこにあったなんて気づかないかもしれない。


5 あらかじめ歩く途上にある著名な場所のエピソードとか確認しとく
 
6 散歩記などHPを見ていい感じそうな場所を選んどく
(やっぱり、ほとんどの場合で偶然発見するより効率的。
いい感じの場所はどこにでもあるわけではないので)

7 聞いている音楽も重要


なぜこんな風に考えるのかというと、昔は旅雑誌みたいに

「ふと歩いていたら名も知らぬ路地に突然素晴らしい風景が…」

みたいな事態がよくあると考えていた。

しかし、かなりの場所を歩いてみた結果としてはそんな場面にはなかなか遭遇しない事が判って来た。
  

そして考えた結果気づいたのは、
「ふとした風景に出会った感動」を得るためにも色々と条件が必要だと言う事だった。


特に日本の都市は画一的な街並みにされてしまっているので、
あらかじめ「いい感じの風景に出会えそう」な場所を歩くのは必須だし、
時間、季節、天候、場所、音などの様々な条件がただの風景を演出して
その場所を一枚の絵に変えてくれる。

ある感動に出会った時それは偶然ではなく、条件が重なった状態なのだろう。

d0011358_2144448.jpg
なかなかレトロな西品川郵便局。魅力的な(画一的ではない、古い)建物は人の流れが少ない場所に多いので、あらかじめ交通の不便そうな場所や陸の孤島のような場所は押さえておく。ひと昔前のゴーストタウン状態の汐入(南千住8丁目)とかいい感じだった。


もちろん、ふとした感動は突然来るものなのかも知れないが、ある程度は自分で
状況を設定する事によってそれを効率的に味わう事が出来るようになるだろう。


その時に聞いている音楽も重要だ。

何気ない新興住宅地でも「長い坂の絵のフレーム」や「新しいラプソティ」(井上陽水)を
聞いてるだけで風景はがらっと変わるし、ただの地方都市でも「遠くに行きたい」を
聞くだけで旅情が溢れる。聖跡桜ヶ丘で「カントリーロード」聞くのも同じ。


もちろん、その地域にとって一番特徴を現している時間、時期を見るのが一番美しいと思うし、
色々と考えて計画するのが散歩上級者じゃないかなとか考えてみた。


しかし、こんなに考えてると散歩に出かける時間が少なくなっていくと言う事実!

あぁ結局、てきとうに歩くのが楽しいかなぁ…。
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-12 20:33 | 地理ネタ
フリーメイスンの見学に行く
某氏からの誘いを受けて六本木のフリーメイスンの見学に行ってきた。

一部の人々(たぶんムー民)の間では普段からユダヤ関係だとか世界征服だとかの陰謀論のネタには事欠かない団体だ。
また堂々と「秘密」結社であると宣言できる「秘密」結社である。

大学のゼミでもちょっと扱ったことがあるので、そんな怪しげな団体じゃないことなど分かってはいたが今回は好奇心から参加してみた。まってろよ秘密結社!

公式HP
http://www.japan-freemasons.org/japanese/freemason.htm

こんなイメージらしい
http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?isbn=4054022847
d0011358_0331290.jpg


 たどり着いた東京タワー直下のグランドロッジは秘密通路の先の秘密基地。

ではなく、当然普通のビル(施工清水建設)だった。

しかし、まがいなりにも相手は秘密結社だ。

 都内の一等地にいきなり現れたいかにも神秘的(怪しげ)なマーク付きのビルに入るのはかなり勇気が必要である。

↑当然この時の気分はMMR。
   
 意を決して押した入口のインターホンの音はなぜか70年代怪獣映画の警告音?
のような音で確かに「それっぽさ」をかもし出していた。

この音はリアルに秘密結社風で緊張感が高まる。



 しかし中に入ると、持ち物検査やら身元調査風な事は一切なく、見学者を厳重に管理しているとは思えなかった。

その場にいた見学者は10人ほどで、しかもほとんどが40代以降な人たちで自分達のような学生風の人間は皆無である。

 そして、紹介プログラムが始まるのだが、そこで解説してくれたメイスンの人はかなり親切丁寧で友好的な感じであり、怪しげな感じはほとんどなかった。

その後、渡された資料を基に一般的な知識を簡単に勉強した後で内部の施設の見学が始まる。
d0011358_0343247.jpg


 様々な儀式が行われるホールはさすがに神秘的さ満点だ。

まぁ、それ系の噂やら陰謀論の総本山なんだから当然と言えば当然か。

ここでは部屋の意味について説明があるのだが、なんとそこでは撮影は自由だし設備に触れるのも自由だった。

 これには驚かされたが、普通に議長?の人が座る席に座ってみるのも、メイスンの重要な会議に使われる部屋の椅子に座って記念撮影するのも自由だ。
 

 ここに見学に来るまではかなり厳格で厳重な警備、扱いを受けると思っていたのだが、そういった雰囲気は一切なく世間一般が抱いている怪しいイメージはほとんど感じられなかった。

 とりあえずこの建物で個人的に怪しいと思ったのはインターホンの音と入り口の看板だけだと思う。 

 その後も、変な勧誘とか怪しげな話もいっさい無しで、世間のイメージと見事に違うと言えばそうかも知れない。

 最後には事務所にてメイスングッズを購入できる。

今回買ったのはメイスンキーホルダー500円。
 
 かなり出来が良く、商品的には値段以上の満足感をえられるアイテムである。

もしこの場所を訪れることがあれば買う事をオススメする。

 もっとも今回見学を申し込んだのが11月だったらしいので、実現したのが2月後半だった事を考えるとなかなか訪問しづらく手に入らないアイテムである事は確かだと思う。

d0011358_0335257.jpg

 ただ、このキーホルダーを携帯ストラップにするのは怪しすぎかもしれない。

まぁ本物だし、レアストラップ偏差値なら80以上はありそうだが…。
(ちなみに真ん中のGの文字はゴッドの頭文字らしい

 説明してくれた人の話によると、日本のフリーメーソンは300人位で、その中の2人以上を見つけ出して推薦を貰わなければ入る事は出来ないとの事。

(HPには2000人って書いてあるんだが、どっちが合ってるんだろ

 まぁ、結論としては怪しげな陰謀の団体には思えなかった。
メイスンの人々も変な陰謀論を作り上げられて迷惑なんだろうな。

MMRばりに帰る直前で怪しげな物を発見!とかそんな事もなかったし。
キバヤシのうそつき!

まぁ上の内容も日本メイソンの印象であって上層部が陰謀論の舞台かどうかはわかんないけどねえ。

 あと、仮面ライダーの秘密結社ショッカーの図が脳内に常時浮かんでたんだけど、元ネタになったのはここなんだろうか。
鷲のシンボルマークなんかそのまんまだし。だとしたらすごいところからネタ持ってきたな。


※上の記事はmixiと同じ内容だったり
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-12 00:37 | 日記
久しぶりに復活
かなり久しぶりな感じもするけど更新してみた。

mixiに流れたり立体保管庫作ってたりデジカメが壊れたりと色々あったんだけど、
まぁ、更新してなかったのはなかったって事で (えー

トップ絵を一新して…
、、まぁ昔の絵を直しただけなんだが。

立体系のサイトを作ったので立体コンテンツはみんなそっちにやりました。
ここは純粋に地理ネタでいくブログにしますたぶん。
[PR]
# by mukuinu22 | 2006-03-12 00:21 | 日記